ついに、ポケットモンスター金銀VCが発売されました。

 

正直・・・学生の頃にプレイしたはずなのですが、初代と比べてストーリーがあやふやな部分が多かったですね。

 

その分、フラットな気持ちでプレイすることができました。

 

スポンサーリンク

金VCをプレイ

 

私は、金VCを選ぶことにしました。

 

理由は、当時も金だったからです。

 

もちろん、旬なホウオウですし、もう1度会いたいところですね。

 

とはいえ、一説には予約数で銀VCに負けていたそうですが・・・。

 

そして、もう1つ用意したものがありました▼

 

当時、使っていた金銀のポケモン図鑑です。

 

まさか、これを再び読むことになるとは思いませんでしたね。

 

ワカバタウンでヒノアラシ

ワカバタウンで受け取ったのは、ヒノアラシです。

 

お察しの通り、最初の金で選んだパートナーがヒノアラシというわけです。

 

ということで、この子と冒険することになります。

 

そして、草むらに出た瞬間に遭遇したホーホーレベル4に負けそうな事態に陥りました・・・。(きのみを取り上げた結果)

 

昔のポケモンは、シビアなゲームであることを思い出せた良いエピソードです。(すぐにワカバタウンへ回復しに戻る)

 

そして、モンスターボールが使えない無駄な時間を過ごしたあと、ようやくライバルと鉢合わせます。

 

すっかり忘れていましたが、ライバルは捨てセリフのように「オレは???だ!」と名乗って消えていきました。

 

その後、警察官に「名前は聞きました?」と尋ねられたので、しっかりと嘘偽りなく報告しました▼

ママの貯金

金銀に貯金制度があったことも、すっかり忘れていましたね。

 

序盤は、金欠でお小遣いが足りない日々が続く中、ママから電話で「ごめん、セールだったから買っちゃった」と言われたときは、本当に目の前が真っ暗になりました。(もちろん、安くは買ってくれるのですが、そういう問題ではない・・・)

 

それ以降、貯金をキッパリと断り、モンスターボールだけを買い続けました。

 

そもそも、どうやって遠くのママに貯金していたのか不思議ですね。

 

ポケギアには、ATM機能でも搭載されていたのでしょうか?

 

旅のポケモンたち

ずっと悩んでいた旅パーティですが、結局は使えるポケモンで固まった感じですね。

 

暗闇の洞穴でイシツブテ、マダツボミの塔(名前が名前なのにマダツボミが出ない塔・・・)でゴースを迎え入れることにしました。

 

序盤は『ノーマル』ポケモンが多いので、イシツブテは鉄壁で使いやすいです。(後々ひでんマシンも覚えますし)

 

技も『いわおとし』『マグニチュード』を進化する前に覚えてくれますので、本当に強いです。

 

ゴースは、『さいみんじゅつ』『くろいまなざし』を覚えるので、スイクン、ライコウ、エンテイを捕獲するために育てておこうと考えました。

 

ただ、序盤は『したでなめる』1本となりますので、火力が低いのは難点でしょう。

 

強敵は、『さいみんじゅつ』『のろい』でジワジワと削る戦法となりますね。

 

あとは、メリープを捕まえて、すでにモココまで育成済みです。

 

マグマラシを合わせたこの4匹がいれば、基本的には乗り切ることができました。

 

ただ、『みず』タイプが必要だと思ったので、とりあえずウパーを入れています。(タッツーをゲットするまで)

 

あと1匹は、今のところ保留にしています。(たぶん、バンギラスになりそうです)

 

ハヤトが意外と強かった

アカネばかりを意識していたのですが、1つ目のジムにも関わらずハヤトが強かったですね。

 

何故かというと、『でんき』と『いわ』対策が徹底しているからです。

 

レベル7ポッポ、レベル9ピジョンのどちらも『どろかけ』の連続攻撃です。

 

初手はイシツブテで挑んだため、かなり状況は不利となりました。(技が当たらない・・・)

 

ただ、マグマラシまで成長させていたおかげで、力でねじ伏せることができました。

 

スポンサーリンク

アカネがバッチをくれない

これもすっかり忘れていたのですが、アカネはバッチをすんなり渡してくれないジムリーダーでしたね。

 

近くのジムトレーナーに話しかけられなければ、泣き止まないからです。

 

さて、『みんなのトラウマ』と言われるほど強敵なイメージがあるアカネ(正確にはミルタンク)ですが、私はイシツブテ1匹で勝つことができました。

 

おそらく、アカネでつまずく方は寄り道をしないプレイヤーなんだと思います。

 

例えば、アカネと戦う前からすでに自然公園の捜索は可能であり、そこにいるトレーナーとバトルをしていれば、それほど苦労をすることはありません。

 

もっとも、それを抜きにしても技構成はおかしいですけどね・・・。

 

スポンサーリンク

まとめ

金銀のポケモンは、ポケモンGOでも登場しています。

 

かつての金銀をプレイしたことがある方もない方も、ぜひプレイしておきたい作品といえるでしょう。

 

色違いを粘ることも可能ですので、楽しみ方は色々あります▼

金銀VCの色違いグループ作成チャート早見表

 

ニンテンドースイッチが買えずに、ポッ拳DXを泣く泣く諦めた方にもオススメの1本です。

 

人気記事

【色違いミミッキュ配布】厳選の個体値や技、性格、特性は?ピカピカゴーストパーティ

【セレビィ配布】VCの厳選の個体値や技、性格、特性は?

【色違いシルヴァディ配布】厳選の個体値や技、性格、特性は?