サンムーンで登場する『ジャラランガ』の育成論記事です。

 

厳選後の技や道具、特性を考察することで、対策にも応用できます。

 

スポンサーリンク

アローラ図鑑

273(784)

分類

うろこポケモン

高さ

1.6m

重さ

78.2kg(けたぐり80)

入手方法

ジャランゴをレベル45にする。

タイプ

かくとう、ドラゴン

タイプ弱点

ひこう×2、エスパー×2、こおり×2、ドラゴン×2、フェアリー×4

タイプ抵抗

ほのお×0.5、みず×0.5、でんき×0.5、くさ×0.5、いわ×0.5、むし×0.5、あく×0.5

特性

ぼうだん(『ヘドロばくだん』などの弾技を受けない)

ぼうおん(『ハイパーボイス』などの音技を受けない)

隠れ特性

ぼうじん(天候や『キノコのほうし』などの粉技を受けない)

種族値

HP     75

こうげき  110

ぼうぎょ  125

とくこう  100

とくぼう  105

すばやさ  85

Lv.50の6V実数値(いじっぱり)

HP     150

こうげき  143

ぼうぎょ  145

とくこう  108

とくぼう  125

すばやさ  105

Lv.50の6V実数値(ようき)

HP     150

こうげき  130

ぼうぎょ  145

とくこう  108

とくぼう  125

すばやさ  115

覚える技(サンムーン)

00 スケイルノイズ

00 スカイアッパー

00 はらだいこ

00 ボディパージ

00 たいあたり

05 にらみつける

09 がまん

13 まもる

17 ドラゴンテール

21 こわいかお

25 ずつき

29 ふるいたてる

33 いやなおと

38 てっぺき

43 ドラゴンクロー

51 おたけび

59 りゅうのまい

67 げきりん

進化時に覚える技(サンムーン)

スケイルノイズ

わざマシン(サンムーン)

01 ふるいたてる

02 ドラゴンクロー

05 ほえる

06 どくどく

08 ビルドアップ

10 めざめるパワー

12 ちょうはつ

15 はかいこうせん

17 まもる

20 しんぴのまもり

21 やつあたり

26 じしん

27 おんがえし

31 かわらわり

32 かげぶんしん

35 かえんほうしゃ

37 すなあらし

39 がんせきふうじ

40 つばめがえし

42 からげんき

44 ねむる

45 メロメロ

48 りんしょう

49 エコーボイス

52 きあいだま

54 みねうち

56 なげつける

59 ぶんまわす

65 シャドークロー

66 しっぺがえし

68 ギガインパクト

69 ロックカット

75 つるぎのまい

78 じならし

80 いわなだれ

81 シザークロス

82 ドラゴンテール

84 どくづき

87 いばる

88 ねごと

90 みがわり

91 ラスターカノン

100 ないしょばなし

人から教えてもらう技(サンムーン)

りゅうせいぐん

タマゴ技

カウンター

きしかいせい

りゅうのいぶき

スポンサーリンク

ジャラランガ厳選・育成論

ジャラランガは、ポケモンシリーズ通例の600族『ドラゴン』となります。

 

全ての能力が総合的に高いので、野生のポケモンの中でも上位の部類に入ります。

 

また、初の『かくとう』『ドラゴン』ということもあり、注目されているポケモンでもあります。

 

性格は『いじっぱり』『ようき』

ジャラランガの専用技は、特殊技の『スケイルノイズ』です。

 

威力110の『ドラゴン』技であり、かなりのダメージを期待できます。

 

ただし、ジャラランガの覚える技は、物理型のほうがレパートリーが多いです。

 

なにより、『つるぎのまい』『りゅうのまい』を覚えるので積むことができます。

 

それらを考慮すると、ジャラランガの性格は『いじっぱり』『ようき』がベストとなります。

 

技は『スカイアッパー』『りゅうのまい』

ジャラランガの覚える技を見ると分かりますが、威力80の技が多いです。

 

なので、『りゅうのまい』や『つるぎのまい』で強化しておくと安心です。

 

『はらだいこ』も覚えることができるので、決まるとバトルを有利にできます。

 

『ドラゴンクロー』も良いですが、両刀を考えて『スケイルノイズ』という手もあります。

 

『スカイアッパー』は威力85なので、『ドラゴンクロー』よりも採用しやすいかもしれません。

 

『フェアリー』対策に、『どくづき』を覚えさせると万能になります。

 

特殊型なら、『かえんほうしゃ』や『ラスターカノン』を覚えることができます。

 

持ち物は『じゃくてんほけん』

ジャラランガは弱点が多いですが、耐久性に優れています。

 

一撃で倒れることはほぼありませんので、『じゃくてんほけん』を持たせると起死回生も狙えるでしょう。

 

ただし、『フェアリー』技は4倍ダメージなので、耐えることは不可能です。

 

特性は『ぼうおん』か『ぼうじん』

ジャラランガの特性は、『ぼうだん』と『ぼうおん』ですが、隠れ特性は『ぼうじん』となります。

 

『ぼうじん』なら、天候の『すなあらし』『あられ』を無効にするだけでなく、『いかりのこな』や『キノコのほうし』も無効にできる優秀な特性です。

 

『ぼうおん』なら『ハイパーボイス』を無効にできるので、メガボーマンダやニンフィアの個性を封じることができます。

 

ジャラランガ対策

ジャラランガは両刀に採用できるポケモンなので、まずは型を見極める必要があります。

 

また、耐久性が高いので、倒すのに2ターンかかる可能性があります。

 

その間に、『りゅうのまい』を積まれると厄介なので、先制技があると便利です。

 

とくに『こおりのつぶて』なら弱点を突けるので、採用しておくと良いでしょう。

 

そして、『フェアリー』技なら一撃で倒すことができるので、誰か1匹は覚えさせておきましょう。

 

スポンサーリンク