ポケットモンスターサンムーンのインターネット大会『プリティプリマ』の考察ページです。

 

『プリティプリマ』の大会ルールから報酬、対策ポケモンなどを紹介していきます。

 

スポンサーリンク

エントリー期間

2017年6月15日(木)14:00~23日(金)8:59まで

開催期間

2017年6月23日(金)9:00~26日(月)8:59まで

受け取り報酬

参加者には、エルレイドナイト、サーナイトナイト、ミミロップナイトが貰える。

※ただし、対戦を3戦以上する

対戦ルール

バトル形式は、ダブルバトル。

1日15戦までバトル可能。

参加ポケモン

使用できるポケモンは、ポケモン図鑑1~801のポケモン。(ただし、ミュウ、セレビィ、ジラーチ、フィオネ、マナフィ、シェイミ、ビクティニ、メロエッタ、ディアンシー、フーパ、コスモッグ、コスモウム、マギアナは不可)

高さが1.0m以下のポケモンのみ出場可能

※ポケモンバンクから連れてきた過去作のポケモンも使用可能

バトルボックスに登録するポケモンは4~6匹で、その中から参加させる4匹を選ぶ。(レベル51以上はすべて50に統一)

道具

メガストーン以外の道具を持たせることができる。(メガストーン不可)

 

スポンサーリンク

プリティプリマ考察(対策ポケモン)

プリティプリマの参加条件は、高さが1.0m以下となります。

 

これだけ聞くと、進化前ポケモンだけの可愛い争いをイメージするところですが、高さ1.0mで強力なポケモンは意外とたくさんいることに気づきます。

 

トップメタとなるのは、ミミッキュ、カミツルギ、コータス、ポリゴン2あたりでしょう。

 

この4匹の共通している点は強さだけではなく、ダブルでも活躍させることができることです。

 

ミミッキュ

『じゃれつく』『シャドークロー』がメインウェポンとなります。

 

カプシリーズが封印されるため、『かげうち』が入りやすい環境です。

 

基本的には素早いミミッキュを採用する方が多いでしょうが、『ばけのかわ』を利用して『トリックルーム』を使う鈍足ミミッキュもあり得るため、まずはしっかりと見極めましょう

 

『つるぎのまい』『おにび』の変化技も覚えるので、面倒なら『ちょうはつ』『アンコール』などで縛るのがオススメです。

 

カミツルギ

最強の物理アタッカー。

 

カミツルギを意識して、コータスが多くなる可能性があるぐらい、出現率が高くなりそうです。

 

『リーフブレード』『せいなるつるぎ』『スマートホーン』『みきり』が基本スタイルです。

 

素早いポケモンなので、このプリティプリマでは大いに活躍してくれるでしょう。

 

また、『トリックルーム』を意識して、素早さを下げるのも1つの手だと思います。

 

コータス

『ひでり』で環境を整え、『ふんか』『ソーラービーム』の強力な技で攻めてきます。

 

『トリックルーム』内なら、もはや止めようがないでしょう。

 

逆に言えば、コータスが見せ合いにいれば、相手のどのポケモンが『トリックルーム』を覚えているか、素早く予想することが可能です。

 

それが事前に分かっていれば、いくらでも対策は可能です。

 

ポリゴン2

8割のトレーナーが『トリックルーム』を採用するポケモンです。

 

『じこさいせい』で居座ることもできるので、ダブルバトルでは強い味方となるでしょう。

 

ただ、100%『しんかのきせき』を所持していると思いますので、さっさと『はたきおとす』ことができれば、弱体化は免れないでしょう。

 

鈍足が弱点なので、しっかりとダメージを蓄積させていきましょう。

 

ポリゴンZ

特殊の高火力アタッカー。

 

ポリゴン2の採用が多いので、ダブルバトルでは顔を見ないポケモンではありますが、それでも『はかいこうせん』は強力です。

 

『こだわりスカーフ』という恐ろしい型もあるので、警戒しておく必要があるポケモンです。

 

ただ、単体攻撃がメインウェポンとなりますので、しっかりと読んで『まもる』ことができれば、それほど脅威にはならないはずです。

 

ライチュウ

サポートもバッチリなライチュウは、プリティプリマでも採用されてくるでしょう。

 

カプ・テテフがいないため、『ねこだまし』が通りやすいと思います。

 

『アンコール』で変化技を縛ることもできるので、『まもる』の採用が多いダブルバトルでは有利です。

 

ただ、『きあいのタスキ』であることはバレバレなので、対策されやすいポケモンでもあります。

 

イーブイ

『イーブイZ』の使い時は、この大会かもしれません。

 

使えるポケモンが限られている大会では、相手と差をつけるには能力ランクの上昇は大事です。

 

問題なのは、イーブイが見せ合いにいた時点で完全に警戒されることでしょう。

 

どのタイミングでイーブイを出すのか、しっかりと見極める必要があります。

 

 

ハギギシリ

カプ・テテフが出られないため、ハギギシリしか先制技を止められるポケモンはいません

 

想像している以上に、多く出てくるポケモンかもしれません。

 

ただ、特性『ビビッドボディ』を採用すると、『がんじょうあご』で技を強化することができないので、力不足になる場合があります。

 

持ち物は、威力を強化するものが採用されやすくなるでしょう。

 

メジャーなのは、『エスパーZ』です。

 

アローラベトベトン

プリティプリマのテーマには程遠いポケモンですが、れっきとした1.0mポケモンです。

 

シングルでは『ちいさくなる』のコンボが有名ですが、ダブルバトルでの役割は『はたきおとす』でしょう。

 

ポリゴン2が多くなる大会が予想されるので、対策として使えます。

 

ただし、『じしん』には弱いので、出し方には注意しましょう。

 

アローラガラガラ

カプ・コケコがいないとはいえ、『ひらいしん』は便利です。

 

カミツルギを倒すこともできますので、『ほのお』枠としての採用が多くなりそうです。

 

ただ、ダブルバトルではよく見かける『いわなだれ』『じしん』に弱いので、工夫しないとすぐにやられてしまうポケモンでもあります。

 

トゲデマル

トゲデマルも『ひらいしん』持ちのポケモンです。

 

今年のWCS2017でも活躍が期待されているサポートキャラです

 

ただ、今回は似たような技構成のライチュウも出場できるため、どちらを採用するかはパーティ次第となりそうです。

 

『はがね』を持つので、カミツルギ対策の『ほのお』技に弱いことも注意しましょう。

 

ドヒドイデ

プリティプリマの『みず』枠で人気が出そうなポケモン。

 

『トリックルーム』とも相性が良いので、この耐久性に加えて『すばやさ』も強化できます。

 

カプ・コケコがいない大会では、倒すための『でんき』枠をしっかりと採用しておく必要がありそうです。

 

ポリゴン2を採用するプレイヤーは、『10まんボルト』は必須かもしれませんね。

 

ニンフィア

プリティプリマでは、貴重なフェアリー枠。

 

大会のテーマにあったポケモンであることも魅力ですね。

 

『ハイパーボイス』は、なんだかんだいって強力なので、採用しておくと便利です。

 

モロバレル

サポート枠で人気が出そうなポケモン。

 

『いかりのこな』『キノコのほうし』は、今なお最強の変化技だといえるでしょう。

 

手持ちに戻れば、『さいせいりょく』で回復することもできます。

 

問題なのは、カミツルギ対策で多くなる『ほのお』技にどう立ち向かうか・・・です。

 

エルフーン

特性『いたずらごころ』を利用し、変化技を優先して出せる代名詞ポケモン。

 

『おいかぜ』『アンコール』『ちょうはつ』、必要なサポート技は全て揃っているといえるでしょう。

 

『トリックルーム』という型もあるので、とにかく読みづらいポケモンです。

 

ただし、変化技に依存するあまり、『ちょうはつ』をされると仕事ができなくなるのが欠点です。

 

ニャオニクス(オス)

エルフーンと同様、特性『いたずらごころ』持ちのサポートポケモン。

 

とはいえ、こちらは防御に優れた変化技が多いです。

 

『ひかりのかべ』『リフレクター』でしっかりと場を整えることができます。

 

『ねこだまし』『てだすけ』のフォローも完璧にこなしてくれます。

 

エルフーンよりは、やられづらいサポートポケモンかもしれません。

 

ナットレイ

ナットレイもプリティプリマに参戦することができます。

 

『トリックルーム』が多くなりそうな大会で、鈍足アタッカーのナットレイは有利に働きます。

 

『パワーウィップ』『ジャイロボール』『はたきおとす』が揃っており、非力なポケモンが多いプリティプリマでは活躍しそうです。

 

ただし、『ほのお』技には要注意です。

 

人気記事

【はねろコイキング攻略】CPの上げ方などのやり方、遊び方まとめ

スポンサーリンク