2018年1月24日に放送された第1回『P-Sports』がアメーバTVにて放送されました。

 

今回は、はじめしゃちょーに加え、ロバートのヒロシさんとポケモンゲーム実況のライバロリさんが挑戦者と対決しました。(喰い断さんは次週)

 

挑戦者は、早稲田大学ポケモンサークルのユウタ選手、フリーター界で最強のチシャねこ選手です。

 

なお、解説にはポケモン実況者としてはお馴染みのサントスさんが担当しています。

 

スポンサーリンク

はじめしゃちょーは奮闘するも防衛できず

はじめしゃちょーは、意気込みで「お正月はずっとポケモンをやっていました!」と自信満々です。

 

第3回ポケモン竜王戦では、低学年の対戦相手とはいえ1勝をつかみ取った実力があります。

 

師匠であるライバロリさんも見守る中でしたが、残念ながらどちらの挑戦者も防衛することができませんでした。

 

とはいえ、最近始めた方にしては交換のタイミングがしっかりしており、レート1700ぐらいは通用する腕前だったと思います。

 

むしろ、対戦相手が悪かった部分もあるでしょう。

 

チシャねこさんは、交換読みで『つるぎのまい』を強きで使うような相手であり、完全に裏をかかれてしまいました。

 

ヒロシとライバロリが防衛成功

第1回は尺の関係上、ヒロシさんとライバロリさんのバトルしか見ることができませんでした。

 

ただ、さすがは四天王というだけはあり、どちらも防衛することができました。

 

とくに、ヒロシさんが逆転するのは誰もが予想外だったと思います。(初回で、『オーロラベール』のアローラキュウコンが急所で一撃……)

 

最後にテッカグヤを残していたことも、勝因といえるでしょう。

 

さて、やはり注目だったのはライバロリさんですね。

 

結局、3匹とも気絶せずに勝利することができました。

 

ランドロスが『ねむり』にされても、冷静に交換して戻したり、受けとして出すことができたのもうまかったです。

 

挑戦者のチシャねこさんが、1戦目ではあれほど強気で交換していたのに、ライバロリさんの時には慎重になってしまったのも敗因ですね。(ランドロス読みでパルシェンを交換する手が最善だった)

 

これもまた、強者同士の戦いだからこそ起こる読み合いなのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

まとめ

公式のライバロリさん推しが止まりませんね。

 

ライバロリさんは仕事をやめ、現在はポケモンだけで頑張っているそうです。

 

もはや、プロといって申し分ないプレイヤーといえるでしょう。

 

来週はどんな戦いを見せてくれるのか、非常に楽しみですね。

 

興味がある方は、ぜひP-Sportsを視聴してみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

人気記事

【マツブサのクロバット配布】厳選の個体値や性格、技は?レインボーロケット団の野望

【アオギリのグラエナ配布】厳選の個体値や性格、技は?レインボーロケット団の野望

【ゲーチスのデスカーン配布】厳選の個体値や性格、技は?レインボーロケット団の野望

【フラダリのコジョンド配布】厳選の個体値や性格、技は?レインボーロケット団の野望

【サカキのニドキング配布】厳選の個体値や性格、技は?レインボーロケット団の野望

【アカギのドンカラス配布】厳選の個体値や性格、技は?レインボーロケット団の野望

【はじめしゃちょーのサニーゴ配布】厳選の個体値や性格、技は?

【アルセウス配布】厳選の個体値や性格、技は?コロコロ2月号2018年版

【色違いグラードン配布】厳選の個体値や技は?USUM育成論

【色違いカイオーガ配布】厳選の個体値や技は?USUM育成論

【フーパ配布】幻のポケモンをもらおうキャンペーン厳選の個体値は?

【マナフィ】幻のポケモンをもらおうキャンペーン厳選の個体値は?

【メロエッタ配布】幻のポケモンをもらおうキャンペーン厳選の個体値は?

ポケモン配布一覧表

サンムーン育成論一覧