ポケモンコマスターで使用するフィギュア『ザングース』についての記事です。

 

『ザングース』の能力、評価、対策を紹介します。

 

スポンサーリンク

ザングースの能力

ID

89

タイプ

ノーマル

特性

めんえき
このポケモンは『どく』『どくどく』状態にならない。

レア度

UC

MP

マテリアル

450

ルーレットのピース

かわす
大きさ 20
ブレイククロー 90
大きさ 16
ひっかく 20
大きさ 24
つるぎのまい
大きさ 32
『つるぎのまい』以外が出るまでスピンして、ダメージワザならダメージ×2。
ミス
大きさ 4

スポンサーリンク

ザングースの評価や特徴

ザングースは特性『めんえき』により、『どく』『どくどく』にならない数少ないポケモンです。

 

『どく』を撒いてくるポケモンはたくさんいるので、デメリットを負うことなく突撃することができます。

 

さらに、低確率ですが『ブレイククロー』という白ワザ内でもトップクラスに入るワザがあります。

 

それに『つるぎのまい』が加われば180のダメージとなり、EXポケモンも叩きのめせるロマンワザとなります。

 

青ワザが20%ほどで出るので、ゴールを狙っている時の妨害を払いのけることもできます。

 

相性の良いプレート

プラスパワー』があると、『ひっかく』が出ても威力50となり、大抵のポケモンを倒すことができます。

 

『つるぎのまい』が加われば、もはや無双状態です。

 

 

ザングースの対策

ザングースを安全に倒したいのなら、『こんらん』や『まひ』が良いでしょう。

 

ミスが少ないポケモンというのは、『こんらん』状態になるとミスしやすくなるということです。

 

ただ、ザングースは状態異常にしなくても倒すことができます。

 

『つるぎのまい』のせいで威力の高いポケモンのように見えますが、『ひっかく』は威力20、倍でも40です。

 

威力50の白ワザがメインウェポンのポケモンなら、とくに問題なく倒すことができます。

 

『つるぎのまい』は白ワザに止まると倍ですが、止まらなければミスと一緒です。

 

『つるぎのまい』を引いた状態からミスになる確率は、実は50%というギャンブル性の高いワザなのです。

 

6月に行われる2度目の修正後は、『つるぎのまい』後に『かわす』でも青ワザが成功します。

 

しっかりと状態異常にしてから『きぜつ』を狙っていきましょう。

 

フィギュア一覧に戻る

フィギュアランキング

コマスターのトップページに戻る

スポンサーリンク