※2017年4月26日にパラメータ修正がありました。

 

ポケモンコマスターで使用するフィギュア『カブト』についての記事です。

 

『カブト』の能力、評価、対策を紹介します。

 

スポンサーリンク

カブトの能力

ID

62

タイプ

いわ、みず

特性

カブトアーマー
バトル相手の出したワザのダメージが10以上なら、1ターンに1回だけスピンをやり直させてよい。

レア度

UC

MP

2

マテリアル

450

ルーレットのピース(※旧ピース)

まもる
大きさ 12
このポケモンはウェイト。
ひっかく 30
大きさ 48
まもる
大きさ 16
ミス
大きさ 20

ルーレットのピース(※新ピース)

ミス
大きさ 4
まもる
大きさ 16
マッドショット※ 40
大きさ 40
※バトル相手に『MP-1マーカー』を付ける。
まもる
大きさ 16
このポケモンはウェイト。
アクアジェット 30
大きさ 20

スポンサーリンク

カブトの評価や特徴

青ワザは、白ワザと紫ワザを止めることができます。

 

カブトは、その青ワザが30%の確率で発動できます。

 

さらに『カブトアーマー』の特性により、相手のスピンをやり直すことができます。

 

これにより、こっちの不利な状況を変えることができます。

 

この特性により、バトルをドローに持ち込むことができる鉄壁の守りとなります。

 

ゴールやエントリーポイントに乗せておけば、敵からの侵略を妨害することができます。

 

オススメ拡張ピース

レベルアップによる拡張ピースは『まもる』がオススメです。

 

ただし、ウェイトをしない上の欄の『まもる』を拡張しましょう。

 

オススメフュージョン

フュージョンで強化するダメージワザは『マッドショット40』がオススメです。

 

もともとの威力が弱いので、気休めではありますが、勝率を高めることができます。

 

カブトの対策

カブトを真っ向から攻略するのは難しいです。

 

とはいえ、無理に突破する理由も同時にないと言えます。

 

カブトの白ワザも金ワザも威力が低いです。

 

なので、ブロックで出てきた場合、進行してくることはありません。

 

こちらもブロックポケモンを配置し、そのままにしておきましょう。

 

問題は、カブトがゴールキーパーの時です。

 

しかし、カブトがゴールにいるということは、1体を抜いて戦っていることを意味します。

 

まずは周りのポケモンを『きぜつ』させていき、相手エントリーポイントを塞ぐ状態を作りましょう。

 

そうすれば『包囲』か、時間をかけてバトルを続ければ倒すことができます。

 

フィギュア一覧に戻る

ランキングに戻る

コマスターのトップページに戻る

スポンサーリンク