ポケモンカードゲームで、とんでもないルール変更が行われました。

 

4月1日から『リアルタイムバトル』が採用され、今までの概念が大きく覆ります。

 

スポンサーリンク

『リアルタイムバトル』はお互いの番がなくなる

『リアルタイムバトル』は、お互いの番を交代するのではなく、ずっと自分の番となります。

 

なので、山札は引き放題エネルギー&逃げる&サポート&スタジアムはつけ放題となります。

 

道具は、1匹のポケモンに何枚でもつけられます

 

そして、技も打ち放題です。ただし、次に使えるのは10秒後です。

 

これにより、1ターン目から手札54枚の状態で始まります。(山札が引けなくなるという概念は、手札がなくなった時)

 

問題点

『リアルタイムバトル』の問題点は、相手が何をしているのか、正確に把握できない点です。

 

こちらが技を使っているのに、道具をつけられる可能性もあります。(それをジャッジできる人間がいない)

 

また、技を10秒数えることも個人のさじ加減であり、完全にカオスな戦いとなります。

 

スポンサーリンク

紹介動画

こちらがルール変更の動画となります。なお、最後まで視聴してください

『出典・ポケモンカード公式サイト

 

最後まで視聴しましたか?

 

そうです、これは4月1日のエイプリルフールのドッキリだったんですね。

 

SNSで間違いなく「ふざけんじゃねえ〇〇〇ァァァァァ!!」と関係のないゲームフリーク開発部長の名が叫ばれそうですね。

 

みなさんもぜひ、まだ知らない方を驚かせてみてはいかがでしょうか?

 

関連記事

WCS2017のポケモンパーティの考察は環境を構築している素早さの猛者カプ・コケコがベースになる

スポンサーリンク