ポケモンGOの配信早々、平井鳥取県知事が鳥取砂丘を『スナホ・ゲーム解放区』と宣言し、話題を呼びました。

 

ポケストップも大量に配置され、鳥取県の方は鳥取砂丘でポケモンGOを楽しんでいるようです。

 

スポンサーリンク

ニコニコ生放送で鳥取GO

8月27日にナイアンティックと任天堂、そして鳥取県の協力で実現した放送です。

 

その実況は、今回もコスケさんが担当します。

 

コスケさんは、インターネット放送関連のポケモンでは何度も登場しており、すでに馴染みの方となっています。

 

コスケさんと鈴木咲さんが中心となり、鳥取砂丘で何のポケモンが取れるのかを調査します。

 

それでは番組的には面白くないので、時間内に何種類のポケモンをゲットできるか、という企画でプレイします。(タマゴ孵化あり)

 

種類の数によって、鳥取県の特産品が10名、20名、30名の視聴者に当たるプレゼントも実施されました。(10種類なら10名・・・と続く)

 

鳥取県の特産品は、二十世紀梨、砂丘らっきょう、砂丘長芋、すなば珈琲セット、華貴夫人(ピンクカレー)です。

 

ゲットできたポケモン(鳥取城跡地)

ゼニガメ(最初のポケモン『すなばばー』)

イーブイ

クラブ

コイキング

コダック

コラッタ

コンパン

サイホーン

トサキント

ニョロモ

ピジョン

ピッピ

ビードル

ポッポ

など・・・

ゲットできたポケモン(鳥取砂丘)

アーボ

オニスズメ

キャタピー

コイキング

コダック

サンド

シェルダー

ビードル

パウワウ

ピッピ

ポッポ

など・・・

スポンサーリンク

鳥取GOまとめ

鳥取砂丘は100以上のポケストップ、8つほどのジムがある広大なエリアでした。

 

砂丘に足を取られつつも、なんとかポケモンをゲットしていく2人です。

 

最終的には、22匹ゲットすることができました。

 

すると、平井鳥取県知事が登場します。

 

「ウェルカニ」と言いつつ、蟹と梨のPRもばっちり決めた平井鳥取県知事は、なんとルール無視の30名にプレゼントと変更してしまい、ウェブ上のコメントは「ウェルカニ!!」一色になりました。

 

ナイアンティックのアジア総括マーケティングマネージャー須賀健人のコメント

収録中、須賀健人さんが質問に答える場面がありました。

 

そこでは、ポケモンGOプレイヤーなら誰もが質問したいことを答えてくれました。

 

  1. メタモンが出現しない理由は、内緒
  2. ブランシェの性別は、ユーザーの感性に任せる
  3. 日本のチームで勝っているのは青、赤、黄の順。ただし、正確に調べていないので、厳密には分からない
  4. チーム変更は、ユーザーの声が多ければ考える
  5. トレード機能は追加するが、もう少しかかる
  6. ポケモンGO対応端末は、増やす気はある
  7. ボールの種類は、ゲームが進化すればあるかもしれない
  8. ログインボーナスは、検討中

 

ふわっとした内容ですが、開発元の意見が聞けたのは貴重でしょう。

 

順次アップデートされる機能に期待しましょう。

 

スポンサーリンク