2017年4月23日に、サンムーンのゲーム実況者最強決定戦の予選が行われました。

 

前回の優勝者であるペリカンさんの戦いは、初戦となりました。

 

スポンサーリンク

2017ゲーム実況者最強決定戦の大会ルール

ダブルバトルです。

 

持ち時間10分で、1ターン45秒となります。

 

持ち物は、Zクリスタルが使用可能となります。(メガシンカは不可)

 

先に2本先取したほうが、決勝戦にコマを進めることができます。

 

ペリカンのパーティ(バトル中に判明したもの)

ウインディ

カプ・レヒレ みずびたし ムーンフォース

カミツルギ リーフブレード みきり

トゲデマル びりびりちくちく ねこだまし アンコール ニードルガード 道具きあいのタスキ

ポリゴン2 トリックルーム めざめるパワー(炎?)

ギガイアス いわなだれ まもる 道具イワZ

もこうのパーティ(バトル中に判明したもの)

パルシェン なみのり

ドヒドイデ トーチカ どくどく アクアブレイク 道具ゴツゴツメット

ジャラランガ

ダダリン じしん

キュウコン(アローラのすがた)

アメモース ちょうのまい まもる 道具ヒコウZ

1戦目

1ターン目

ペリカンさんはポリゴン2、ギガイアスを出します。

 

もこうさんはキュウコン、アメモースを出します。

 

キュウコンの特性は、後からギガイアスの『すなおこし』で無効となります。

 

アメモースの『いかく』が発動します。

 

ポリゴン2の『ダウンロード』で『こうげき』ランクが上昇します。

 

 

キュウコンは戻り、ドヒドイデが登場します。

 

アメモースは『まもる』を選択します。

 

ギガイアスも『まもる』を選択します。

 

ポリゴン2は『トリックルーム』を発動します。

 

2ターン目

ポリゴン2は戻り、トゲデマルが登場します。

 

ギガイアスは『いわなだれ』で、ドヒドイデのHPを8/10、アメモースを気絶させます。

 

ドヒドイデは『どくどく』ですが、トゲデマルにより無効となります。

 

アメモースの代わりに、キュウコンが登場します。

 

3ターン目

トゲデマルは『ねこだまし』で、ドヒドイデの動きを封じます。(ゴツゴツメットにより、被ダメージ)

 

ギガイアスは『ワールズエンドフォール』で、キュウコンを倒します。

 

キュウコンの代わりに、パルシェンが登場します。

 

4ターン目

ギガイアスは戻り、ポリゴン2が登場します。(とくこう上昇)

 

ドヒドイデは『アクアブレイク』で、ポリゴン2のHPを8/10にします。(ぼうぎょ減少)

 

パルシェンは『なみのり』で、トゲデマルのHPを5/10、ポリゴン2のHPを7/10にします。

 

トゲデマルは『アンコール』で、パルシェンを縛ります。

 

5ターン目

ドヒドイデは『トーチカ』を発動します。

 

トゲデマルは『ニードルガード』を発動します。

 

ポリゴン2は『めざめるパワー』で、パルシェンのHPを3/10にします。

 

パルシェンは『なみのり』で、ポリゴン2のHPを5/10にします。

 

6ターン目

トゲデマルは『アンコール』で、ドヒドイデの動きを封じます。

 

パルシェンの『なみのり』で、ポリゴン2のHPを3/10にし、トゲデマルを倒します。

 

ポリゴン2は『めざめるパワー』で、パルシェンを倒します。

 

トゲデマルの代わりに、ギガイアスが登場します。

 

7ターン目~

ドヒドイデは『トーチカ』でターンを稼ぎますが、次のターンで倒されてしまいました。

 

これにより、ペリカンさんが1勝します。

 

2戦目

1ターン目

ペリカンさんはカプ・レヒレ、カミツルギを繰り出します。

 

もこうさんはジャラランガ、アメモースを繰り出します。

 

カプ・レヒレの特性により、場は『ミストフィールド』となります。

 

アメモースの『いかく』も発動します。

 

 

カミツルギは戻り、トゲデマルが登場します。

 

カプ・レヒレは『ムーンフォース』で、ジャラランガを倒します。

 

アメモースは『ちょうのまい』を積みます。

 

ジャラランガの代わりに、ダダリンが登場します。

 

2ターン目

カプ・レヒレは戻り、ウインディが登場します。(いかく発動)

 

アメモースは『ファイナルダイブクラッシュ』で、ウインディを倒します。

 

トゲデマルは『びりびりちくちく』で、アメモースを倒します。

 

ダダリンは『じしん』で、トゲデマルのHPを1にします。(きあいのタスキ発動)

 

アメモースの代わりに、ドヒドイデが登場します。

 

ウインディの代わりに、カミツルギが登場します。

 

3ターン目

カミツルギは『みきり』を発動します。

 

ドヒドイデは『トーチカ』を発動します。

 

トゲデマルは『アンコール』で、ダダリンを縛ります。

 

ダダリンは『じしん』で、トゲデマルを倒します。

 

トゲデマルの代わりに、カプ・レヒレが登場します。

 

4ターン目

カプ・レヒレは『みずびたし』で、ドヒドイデを『みず』にします。

 

カミツルギは『ブルームシャインエクストラ』で、ドヒドイデを倒します。(特性により『こうげき』上昇)

 

ダダリンは『じしん』で、カプ・レヒレとカミツルギのHPを8/10にします。

 

5ターン目

カプ・レヒレは『みずびたし』で、ダダリンを『みず』にします。

 

カミツルギは『リーフブレード』で、ダダリンを倒します。

 

これにより、ペリカンさんが予選をストレート勝ちで通過しました。

 

スポンサーリンク

まとめ

ペリカンさんは、ダブルバトルの実況が得意な方です。

 

今回も優勝候補として名前が挙がっていましたが、やはりストレート勝ちで相手を圧倒しました。

 

解説者のビエラさん(WCS2015覇者)も、「レヒレのみずびたしコンボは初めて知りました」と関心していました。

 

また、トゲデマルが仕事をしてくれるバトルでもありました。

 

今年はライチュウの代わりに、トゲデマルが活躍しそうな予感ですね。

 

関連記事

【ポケんち】第80回の感想!マジシャンKiLa、でんぱ組が登場!りんかがポケカ交換の旅

WCS2017のポケモンパーティの考察は環境を構築している素早さの猛者カプ・コケコがベースになる

【ポケモンWCS】2016マスターカテゴリ決勝戦バトル内容

【ポケモンWCS】2016ジュニアカテゴリ決勝戦バトル内容

スポンサーリンク