カロスの監視者であり、トップリーダーであるジガルデ氏が、アローラ地方で活動していたことが発覚します。

 

果たして、その真意とはなんなのでしょうか?

 

スポンサーリンク

ジガルデの経歴(ポケモン図鑑より抜粋)

カロス地方の 生態系が 崩れると

姿を 現して

秘めた 力を 発揮するらしい。

洞窟の 奥深くで 暮らし

生態系を 破壊する者を

監視していると 言われている。

 

ジガルデがアローラ地方でワザを公開

ポケモン図鑑という名の公約に『カロス地方の生態系を監視する』と明言し続けていたジガルデ氏。

 

しかし、6月11日に、アローラ地方でご自慢の固定技『サウザンアロー』『サウザンウェーブ』『コアパニッシャー』を披露していたところを、地元のトレーナーに撮影され、ユーチューブにアップされてしまい、カロスの地を離れていたことが発覚。

 

問い詰めたミアレ出版の記者にジガルデ氏は「ソルガレオ氏、ルナアーラ氏に依頼され、生態系を破壊しようとしていたメタグロス、ガブリアスを粛清した」とコメント。

 

フレア団が、ゼルネアス氏、イベルタル氏を捕獲しようとした時には姿さえ見せなかったのに、何故アローラ地方では、大事に隠していたはずのパーフェクトフォルムをいとも簡単に披露したのか?という問いに「監視者というのは、トップリーダー。トップリーダーが安っぽい姿でバトルできるか!」と反論します。

 

しかし、アローラ地方に住むククイ博士によると「最近、アローラ地方ではジガルデ氏をよく見かける。10%フォルムであちこち散歩をしているようだ」という耳を疑うような事実が、取材を進めることで発覚しています。

 

スポンサーリンク

 

たびたびアローラ地方で目撃されていることを追及されると、ジガルデ氏は「手術した左股関節の療養も兼ねている」とコメント。

 

その発言をニュースで見ていたミュウツー氏は、「洞窟の奥深くで暮らしているはずのジガルデ氏が、手術をするほどの怪我をしたとは思えない。まして、スワームチェンジした後に、あれだけHPの種族値が増えるのに『きぜつ』するわけがない」と、同じく『ななしのどうくつ』で洞窟暮らしをしているポケモンらしい鋭い指摘をします。

 

 

「ポケットモンスターZの発売がなくなり、人気低迷を恐れている」「ジガルデはカロスを捨て、アローラの図鑑に載ろうとしている」という噂が、カロス全土に広がっています。

 

その疑惑の発端となったアローラ民宿『クレッセントムーン』での会議。

 

ソルガレオ氏、ルナアーラ氏に大量の木の実の賄賂を渡したのではないか?という質問に「会っていたのは、元ポケモン音楽ディレクター。それ以上は、監視者の信義として明らかにできない」の一点張り。

 

しかし、その人物が、現在は取締役兼開発部長の増田順一氏であるとすれば、同時刻にE3のため、アローラ地方には行っていない可能性も出ており、ジガルデ氏の不信はますます深まるばかりです。

 

一連の疑惑をどう思うか、と尋ねられたゼルネアス氏は「イクシャア!!」。イベルタル氏は「イガレッカ!!」と怒りを露にしています。

 

カロス集中審議を避けるため、ジガルデ氏は「第三者に、カロス図鑑の公明に不正がないか調査してもらう」と発表。

 

果たして、コア(物事の核)をパニッシャー(罰する)されるのは自分になってしまうのか、11月18日の『ポケットモンスター・サン』『ポケットモンスター・ムーン』で明らかとなります。

 

スポンサーリンク