『ポケットモンスターサン』『ポケットモンスタームーン』で新たなポケモン『キテルグマ』の存在が判明しました。

 

詳しい概要は、コロコロコミックで明らかとなるようです。

 

スポンサーリンク

キテルグマ

分類

ごうわんポケモン

タイプ

ノーマル、かくとう

高さ

2.1m

重さ

135.0kg

特性

もふもふ(新特性)

ぶきよう(戦闘中に効果がある道具を持っていても、効果が発揮されない)

紹介文

フレンドリーに両腕を振っていても、うかつに近寄ってはいけない。キテルグマは、アローラ地方でも危険なポケモンとして認知されており、生息地には警告の看板も出ているほど。

 

キテルグマは、手足が大きく力強く発達している。背筋力は1トンを超え、両腕で抱きしめたものは、何でも真っ二つにすることができる。

 

キテルグマは親しみを込めてトレーナーに抱き付いてくるが、その力はすさまじい。トレーナーは、抱きつくときの力加減を教える必要があるのだ。

 

野生のキテルグマには、みごとな格闘技を使うものもいる。これは、森で修行中のカラテおうの技を見て修得したためといわれている。

 

スポンサーリンク

キテルグマ

名前の『キテル』の意味が、人気が上昇している時などに使われる単語なら良いのですが、『着てる』グマだったら、誰か中に入っているのでしょうか?

 

そんな想像が膨らむ新ポケモンですが、なんといっても特性『もふもふ』が気になります。

 

『もふもふ』により、物理ダメージが半減する代わりに、『ほのお』ダメージが弱点となる特性のようです。

 

しかし、物理ダメージ全てが半減するので、メリットのほうが大きい特性だと言えるでしょう。

 

また、『ごうわん』ポケモンと分類されているので、物理アタッカーであることは言うまでもないでしょう。

 

タイプ一致の『インファイト』や『ギガインパクト』で犠牲者が出ることは安易に想像できます。

 

関連記事

サンムーン『ミミッキュ』の新特性『ばけのかわ』は『へんしん』?『イリュージョン』?

スポンサーリンク