ポケットモンスターサン、ポケットモンスタームーンの最新情報が公開されました。

 

リージョンフォームした『ベトベトン』が初登場します。

 

スポンサーリンク

ベトベトンのデータ

分類

ヘドロポケモン

タイプ

どく、あく

高さ

1.0m

重さ

52.0kg

特性

どくしゅ

くいしんぼう

進化経路

ベトベター(アローラの姿)→ベトベトン(アローラの姿)

紹介文

常に手あたり次第、辺りのものを食べ続け、空腹を覚えると暴れだす。

 

この食欲は、常に毒素を補給していないとエネルギーを維持できないからだと考えられている。

 

多種多様なゴミや人工物を食べ続けているため、体内に毒素が蓄積している。

 

それらが化学変化することで、さらに新しい毒素を生み出している。

 

ベトベターと同じ毒素の結晶が、口だけでなく体中から露出している。

 

ベトベトンは、毒素の結晶をキバやツメのように使い攻撃する。猛毒の結晶は簡単にはがれてしまうのでとても危険。

 

アローラ地方のベトベターやベトベトンは毒素を体内で生成しため込んでいるので、ほかの地方のベトベターやベトベトンと違い、近づいても嫌な匂いはしない。

 

スポンサーリンク

ベトベトンの評価

ベトベターの進化形。

 

悪臭で有名なベトベトンでしたが、リージョンフォームすると無臭のようです。

 

ただし、相変わらず『どく』のエキスパートのようで、触れることは危ないみたいです。

 

『フェアリー』キラーとしての運用が期待できるでしょう。

 

『ふいうち』を覚えてくれれば、大会でも活躍すること間違いなしです。

 

サンムーンの新ポケモン一覧に戻る

スポンサーリンク