2016年12月22日に放送されたポケモンアニメサン&ムーン第8話『タマゴ係はだ~れだ?』の内容と感想の記事になります。

 

スポンサーリンク

第8話『タマゴ係はだ~れだ?』の内容

サトシ、マオ、リーリエ、マーマネ、カキは、オーキド校長に呼ばれました。

 

特別授業として、タマゴのお世話を任せるためです。(オーキド博士から貰ったタマゴとは別)

 

マオはリーリエのポケモン恐怖症を克服させるために、リーリエにお世話係りを任せる提案をします。

 

リーリエは少し躊躇いながらも了承し、サトシと一緒に自宅(豪邸)へと持ち帰ります。

 

そこでサトシとピカチュウ、ロトムは1枚の写真を見つけます。

 

そこには、ポケモンを抱いているリーリエとルザミーネ、グラジオの姿が映っていました。(2人は幼少期)

 

執事ジェームズの話では、ルザミーネが所有するもう1つの屋敷でリーリエが住んでいた時に、ポケモン恐怖症に陥ったようです。(リーリエさえ、覚えていない)

 

そしてルザミーネは、今もその屋敷に住んでいるようです・・・。

 

サトシはお菓子を食べたあと、外にバトルフィールドがあったので、ジェームズとポケモンバトルをすることになります。

 

サトシはモクロー、ジェームズはオドリドリ(パチパチスタイル)を繰り出し、激しいバトルを繰り広げていました。

 

リーリエは2階の部屋で眺めていると、タマゴを狙ってやってきたヤトウモリが室内に侵入してきました。

 

タマゴにさえ触れられなかったリーリエですが、タマゴを守るために抱きかかえます。

 

危機一髪でサトシたちが乱入し、ヤトウモリを追い出すことに成功します。

 

きっかけはどうであれ、リーリエはタマゴに触れることができ、少しだけポケモン恐怖症を克服することができました。

 

To Be Continued

スポンサーリンク

第8話『タマゴ係はだ~れだ?』の感想

ついに、ラスボスの姿が確認されました。

 

ルザミーネは、まだ闇に染まっていないようですが、リーリエのポケモン恐怖症と深い関りがあるのは間違いなさそうです。

 

ただ、これはアニメなので、少しルザミーネの設定をいじってくる可能性はあります。

 

ウツロイドが洗脳しているためにおかしくなった、というエピソードを最初から持ってくるかもしれません。

 

そこにグラジオがどう絡んでくるのか、注目すべき点でしょう。

 

さて、来週のポケモンはお休みで、第9話『ぬしポケモンはデカグース!』は1月5日の放送となります▼

サン&ムーン第9話の感想

 

また、12月27日(火)7:30(朝)には『ポケモンスクール』が放送され、宮川大輔さん、ずん飯尾さん、米村でんじろうさん、小島瑠璃子さんが登場します、こちらもお楽しみに▼

ポケモンスクールの内容と感想

 

サン&ムーン一覧に戻る

XY&Z一覧に戻る

スポンサーリンク