2018年5月17日に放送されたポケモンアニメサン&ムーン第75話『カプ・ブルル!ぐーたらモー特訓!!』の内容と感想の記事になります。

 

スポンサーリンク

第75話『カプ・ブルル!ぐーたらモー特訓!!』の内容

『出典・ポケットモンスター公式サイト』

 

クチナシに敗れたサトシは、カプ・ブルルに特訓をしてもらうためにハイナ砂漠を越え、『みのりの遺跡』に入ろうとします。

 

しかし、そこにカプ・ブルルはおらず、遺跡の上にいるとアセロラが教えてくれました。

 

そのため、サトシたちは崖を登って頂上を目指します。

 

遺跡の上は緑や池がある綺麗なところで、カプ・ブルルはそこで昼寝をしていました。

 

サトシは特訓を申し出ますが、あまり興味がなさそうです。

 

しばらくすると、種まきをはじめ、それを大木に変えてしまいます。その木に腰かけると、カプ・ブルルは木からパワーを得ていました。

 

モクローもマネして木に座ると、パワーを得て『はっぱカッター』が使えるようになりました。

 

カプ・ブルルの力に関心していると、雨が降り始めました。ルガルガンは濡れるのを嫌い、木に隠れます。それを見抜いたカプ・ブルルは、ルガルガンを外へと追い出し、泥水に顔を突っ込ませました。

 

体が汚れてしまったルガルガンは、目を赤くしながら我を忘れてしまいます。サトシはルガルガンを抑えながら、昔話を始めました。イワンコのとき、泥だらけになりながらも特訓した日々を思い出させ、ルガルガンは正気に戻ります。

 

その姿に感動したカプ・ブルルは、ついにやる気になりました。大木を持ちあげて振り回すカプ・ブルルに苦戦するルガルガンでしたが、新しく覚えた『ストーンエッジ』を食らわせたことで、その強さを認めてもらうことができました。

 

サトシとルガルガンは、この特訓で自信を取り戻すことができたのです。

 

To Be Continued

スポンサーリンク

第75話の感想

ポケモンよりも崖を駆け上がるスピードが早いサトシは、やはりマサラ人というべきでしょう。

 

そして、今回は特訓というよりも、カプ・ブルルにパワーを分けてもらった感がありますね。

 

モクローに至っては、寝ていただけで強くなっていましたね。あのまま進化したらどうしようかと思いましたが、やはり不動の人気を捨てることはできなかったようです。

 

さて、来週は第76話『スーパー決戦!ピカチュウVSミミッキュ!!』です、お楽しみに。

 

スポンサーリンク

関連記事

ポケモンアニメ『サン&ムーン』一覧に戻る

ポケモンアニメ『XY&Z』一覧に戻る