2018年5月10日に放送されたポケモンアニメサン&ムーン第74話『ちょーワルおやじはしまキング!?』の内容と感想の記事になります。

 

スポンサーリンク

第74話『ちょーワルおやじはしまキング!?』の内容

『出典・ポケットモンスター公式サイト』

 

アローラには、こんなおとぎ話があります。

 

かつて、アローラは光のない世界でした。

 

そこに現れた3匹のポケモンが光を分け与え、豊かなアローラへと生まれ変わったのです。

 

アローラの人々は、それらのポケモンをソルガレオとルナアーラ、そして最も光輝いていたポケモンを『かがやきさま』と呼んで崇めたのです。

 

サカキはそんな伝説を知り、旧知の仲であるクチナシに「かがやきさまとはなんだ?」と電話で問いかけました。

 

しかし、現在はしまキングで警官という立場からか、知らないふりをして電話を切ります。

 

ちょうどそのタイミングでサトシが現れ、大試練を受けたいとやってきました。

 

面倒くさがりのクチナシは、いつものように「オレはしまキングじゃない」と嘘をつき、隙を見て逃げてしまいます。

 

大試練ができずに困っていたサトシは、交番に訪れたアセロラと出会います。

 

しばらくウラウラ島に滞在することを聞き、自分が住んでいる図書館に招待しました。

 

そこでサトシは、アローラに古くから伝わる『かがやきさま』の存在を本で知ることになります。

 

その後、サトシがいるとは知らずに図書館にやってきたクチナシは、アセロラの強い頼みもあり、試練を行うことにします。

 

ただし、クチナシはサトシにその資格がないと言い放ち、あくまで予備試練という形になりました。

 

そして、クチナシのいう通り、ポケモントレーナーの実力の差は歴然でした。

 

ワルビアルの巧みな戦術に、ルガルガン黄昏の姿は手も足も出ませんでした。

 

しかも、いつものように暴走してしまい、途中でサトシのいうことを聞かなくなってしまいます。

 

「メレメレ島に帰んな」

 

そう言い放つクチナシに、サトシは「嫌だ!」と答えました。

 

特訓して再び挑むと宣言するサトシに、クチナシは何も言わずに立ち去りました……。

 

To Be Continued

スポンサーリンク

第74話の感想

サカキが意外と本編に食い込んできますね。

 

しかも『かがやきさま』を探しており、もしかするとアローラ地方に乗り込んでくるかもしれませんね。

 

そして、サトシが久々の大敗です。

 

間違いなく、特訓という名の人間離れしたトレーニングを、ポケモン以上に行ってくれることでしょう。

 

さて、来週は第75話『カプ・ブルル!ぐーたらモー特訓!!』です、お楽しみに。

 

スポンサーリンク

関連記事

ポケモンアニメ『サン&ムーン』一覧に戻る

ポケモンアニメ『XY&Z』一覧に戻る