2018年4月19日に放送されたポケモンアニメサン&ムーン第70話『牧場を守れ!逆襲の蒼き炎!!』の内容と感想の記事になります。

 

スポンサーリンク

第70話『牧場を守れ!逆襲の蒼き炎!!』の内容

『出典・ポケットモンスター公式サイト』

 

レインボーハッピーリゾートカンパニーのブルガン社長は、強引な買収で土地を購入していくことで有名な人物です。

 

カキの牧場もまた、ブルガンの目に留まってしまいました。

 

祖父の代から守り続けてきた牧場を手放す気はないと断ると、次の日から嫌がらせが始まりました。

 

カキはやめさせるため、ガラガラとバクガメスを使って追い返そうとします。

 

しかし、ブルガンのエレキブルはよく育てられており、強敵でした。

 

しかも、ガラガラは相変わらず自分勝手なバトルをしてしまい、バクガメスとの連携がうまくいきません。

 

そのせいもあり、バクガメスが『かみなり』でやられてしまいます。(『ドラゴン』タイプなのに……)

 

バクガメスが動けないせいで、Zワザが使えず困っていたカキでしたが、ガラガラがその役を買って出ました。

 

しかし、カキの心に迷いが生じてしまい、Zワザが発動することはありませんでした。

 

カキが心配で牧場に来ていたサトシたちが駆けつけたことでバトルは中止となりましたが、カキは苦い敗戦を味わうことになりました。

 

その夜、カキはガラガラと真剣に向き合うことにしました。

 

「ヴェラ火山のように熱く強い男になりたい!」というカキの夢は、ガラガラに伝わるものがありました。

 

カキの思いを受け取ったガラガラは、夜通し特訓に打ち込んだのでした……。

 

 

次の日。再びやってきたブルガンのエレキブルに、ガラガラは立ちふさがりました。

 

昨日とは別人のような立ち振る舞いに、エレキブルは奥の手である『あまごい』を使います。

 

『ほのお』技を得意とするガラガラには不利な状況でしたが、そんな雨を晴れに変えるぐらいの『ダイナミックフルフレイム』を発動し、エレキブルを倒すことができました。

 

そのタイミングでジュンサーが登場し、ブルガンを不法侵入や器物損壊の現行犯で逮捕しました。

 

カキは、自らの手で大事な牧場を守ることができたのでした……。

 

To Be Continued

スポンサーリンク

第70話の感想

今回は、カキがメインの回となりました。

 

ガラガラとの絆がテーマとなっていたのですが、妹のホシに対する態度のほうが熱心に描かれていた気がしますね。

 

そして、真の悪役であるはずのロケット団の登場はナシとなってしまいました……。

 

さて、来週は1時間スペシャルで第71話『ミズクモ、スイレンゲットだぜ!』第72話『パンパカパーン!燃えよマオファミリー!!』です、お楽しみに。

 

スポンサーリンク

関連記事

ポケモンアニメ『サン&ムーン』一覧に戻る

ポケモンアニメ『XY&Z』一覧に戻る