2016年12月8日に放送されたポケモンアニメサン&ムーン第6話『びりびりちくちくトゲデマル』の内容と感想の記事になります。

 

スポンサーリンク

第6話『びりびりちくちくトゲデマル』の内容

ククイ博士はポケモン研究会の会合に呼ばれたため、サトシとピカチュウ、ロトム、モクローはお留守番です。

 

しかし、サトシは洗濯だけでなく、料理にも失敗し、冷蔵庫を空にしてしまいます。

 

買い出しのため、ショッピングモールにやってくると、マーマネとトゲデマルに出会いました。

 

一緒にアイスを食べながら買い物をしていると、いきなり防災用シャッターが下りてしまいます。

 

ピカチュウたちとはぐれてしまったサトシとマーマネは、復旧させるために配電室を目指します。

 

しかし、ピカチュウたちは屋上でロケット団に遭遇してしまいます。

 

すべてはロケット団が起こしたトラブルだったのです。(ただし、意図的ではない)

 

ムサシ、コジローは、ピカチュウ捕獲のためにミミッキュで攻撃します。

 

ピカチュウは吹きとばされ、危なく落ちそうになります。

 

絶体絶命のタイミングでサトシたちも合流します。

 

マーマネは機転を利かせてピカチュウに『10まんボルト』を使わせ、トゲデマルの『ひらいしん』を発動させます。(落ちそうなピカチュウに無理をさせないで・・・)

 

パワーアップしたトゲデマルは『びりびりちくちく』を食らわせ、ロケット団を撃退します。

 

ロケット団もあわやというところで、救世主キテルグマに拉致されます助けられます。(夕日を背に現れる)

 

サトシたちがショッピングモールから出たときには、ククイ博士がやってきました。

 

すべてを理解していたククイ博士は、食堂でディナーを提案してくれました。

 

サトシとマーマネは、食堂へと競争するように走り出しました。

 

To Be Continued

スポンサーリンク

第6話『びりびりちくちくトゲデマル』の感想

今更ではありますが、『サン&ムーン』はギャグアニメとしての構成となっています。(キャラクターたちの画質が凄いことに・・・)

 

あと、今回も色々と触れておくべきポイントがありました。

 

まず、サトシが着ているTシャツが初代ラプラスのアイコンをプリントしたものでした。懐かしいです。

 

そして、アニメのマーマネは、それほどコミュ障ではない設定のようです。

 

逆に、ゲームでは暗いところでパニックになることはありませんでしたが、アニメではダメみたいです。

 

なにより、アニメのキテルグマとは一体なんなのか・・・今後の活躍にも注目です。

 

さて、来週は第7話『市場の風来坊ニャビー!』です、お楽しみに。

 

サン&ムーン一覧に戻る

XY&Z一覧に戻る

スポンサーリンク