2018年3月15日に放送されたポケモンアニメサン&ムーン第66話『スケッチでスマッシュ!激闘ポケピンポン!』の内容と感想の記事になります。

 

スポンサーリンク

第66話『スケッチでスマッシュ!激闘ポケピンポン!』の内容

『出典・ポケットモンスター公式サイト』

 

アローラには、人間とポケモンが協力し合うスポーツ『ポケピンポン』があります。(ピンポンと同じルール)

 

ポケピンポンを知らないサトシのために、イリマはドーブルと一緒に手本を見せます。

 

意気の合ったプレイを見て、コツは何かとイリマに尋ねます。

 

すると、相手を思いやる心だと教えてもらいました。

 

サトシはピカチュウを息を合わせ、初めてのピンポンに挑戦します。

 

しかし、ピカチュウの『アイアンテール』スマッシュはサトシの顔面にめり込んでしまい、初めてのポケピンポンはうまくいきませんでした。

 

イリマは、サトシの上達のために、ポケピンポンの大会を見に行くことを提案します。

 

その大会には、イリマも参加するということで、サトシたちは応援も兼ねて見学しにいきます。

 

実は、イリマは前回も出場しており、準優勝という成績でした。優勝者であるイカリ(別名ドラゴンのイカリ)を倒すこともまた、カントー地方から戻った理由でもありました。

 

何故なら、イカリはイリマとは真逆の考えの持ち主であり、パートナーであるコジョンドに厳しく当たるトレーナーだったからです。

 

自分のミスもポケモンのせいにするイカリに、イリマはポケモンと分かり合う強さを見せつけたかったのです。

 

点を奪い合う激しいバトルとなりましたが、パートナーを信じて動いてくれたドーブルのおかげで、イリマは勝負を制することができました。

 

イカリはその姿に心打たれ、「今度はオレたちが勝つ……」と、コジョンドと一緒に強くなることを約束したのでした。

 

そんな姿を見て、サトシはポケピンポンの魅力に直に接することができたのでした……。

 

To Be Continued

スポンサーリンク

第66話の感想

『出典・サン&ムーン第66話』

 

今回は、それぞれのキャラが存分に引き出された回で、かなり面白かったですね。(とくにロケット団)

 

そこはいいのですが、Zワザに耐えられるピンポン玉……本当にプラスチック製なのか気になります。

 

さて、来週の第67話は『ピカピカだいすき!くるくるベベノム!』です、お楽しみに。

 

スポンサーリンク

関連記事

ポケモンアニメ『サン&ムーン』一覧に戻る

ポケモンアニメ『XY&Z』一覧に戻る