2018年2月22日に放送されたポケモンアニメサン&ムーン第63話『燃え上がれニャビー!打倒ガオガエン!!』の内容と感想の記事になります。

 

スポンサーリンク

第63話『燃え上がれニャビー!打倒ガオガエン!!』の内容

『出典・ポケットモンスター公式サイト』

 

サトシがテレビをつけると、ロイヤルマスクがロイヤルバトル形式の試合を行っていました。

 

パートナーのガオガエンは他を圧倒する強さであり、誰も歯が立ちませんでした。

 

サトシとニャビーも戦ってみたいと思っていると、数日後に行われる試合は観客の中から選ばれることを知り、ロイヤルドームに行く決意をします。

 

当日、ポケモンスクールの同級生たちと一緒にロイヤルドームを訪れると、ニャビーは勝手にリングの上にあがってしまいます。

 

ロイヤルマスクにやる気を買われたニャビーは、ガオガエンと戦う権利を得ました。

 

ただし、バトルロイヤルは4人で行うため、カキのアローラガラガラとマーマネのデンヂムシも参加することになります。

 

3匹で同時に攻撃するのですが、ガオガエンの『DDラリアット』で一発KOにされてしまいます。

 

しかし、ニャビーだけは立ち上がり、闘志を燃やします。ガオガエンは敬意を称し、本気の『じごくづき』を食らわせ、ニャビーを気絶させてしまいました。

 

 

数日後、ニャビーはサトシと一緒に特訓に励んでいました。このままでは終われない……ニャビーの闘志は消えていなかったのです。

 

ククイ博士は、その様子を微笑ましく見守っていました。

 

*

 

ニャビーの調子が整ってきた頃、ロイヤルマスクとガオガエンがわざわざサトシたちの前に現れてくれました。

 

再戦を申し込まれ、ニャビーは特訓の成果を見せつけるように攻撃を加え続けます。

 

その時、ニャビーの体は炎の包まれ、ニャヒートに進化することができました。

 

特訓中ではなかなか成功しなかった『ニトロチャージ』を見事に決め、どんどんスピードが増していきます。

 

しかし、あと一歩というところでガオガエンのパワーに負けてしまいました。

 

悔しがるニャヒートでしたが、ガオガエンとロイヤルマスクはその雄姿を称え、ライバルとして認めてくれました。

 

ロイヤルドームでの再戦を約束し、サトシとロイヤルマスクは別れたのでした……。

 

To Be Continued

スポンサーリンク

第63話の感想

声とか体つきを見れば、ロイヤルマスクの正体は気づきそうなものですが、妻であるバーネットにも気づかれません……。

 

ここまで来ると、実は影が薄い人物なのかもしれませんね。

 

そして、ニャースがニャビー(今はニャヒート)のことを『おやびん』と慕っている設定を、久しぶりに思い出すことができた回となりました。

 

ロケット団が登場しているのにキテルグマがやってこないという、珍しいパターンも印象的だった回でした。

 

さて、来週の第64話は『サトシとナゲツケサル!友情のタッチダウン!!』です、お楽しみに。

 

スポンサーリンク

関連記事

ポケモンアニメ『サン&ムーン』一覧に戻る

ポケモンアニメ『XY&Z』一覧に戻る