2018年1月18日に放送されたポケモンアニメサン&ムーン第58話『泣かないでヒドイデ!』の内容と感想の記事になります。

 

スポンサーリンク

第58話『泣かないでヒドイデ!』の内容

『出典・ポケットモンスター公式サイト

 

ロケット団のムサシとコジローが浜辺を歩いていると、コジローによく似た(髪型の色など)ヒドイデと遭遇します。

 

それは、コジローの手持ちポケモンであるヒドイデの初恋の相手(先輩)でした。

 

再会を喜ぶ先輩でしたが、ヒドイデは張り手を食らわします。

 

実は、他の女の子とイチャイチャしているところを目撃したからでした。

 

先輩は誤解だと言いますが、ヒドイデは聞く耳を持ちません。

 

すると、今カレ(トレーナー)であるコジローがたぶらかしたと思った先輩は、ドヒドイデに進化してコジローを攻撃します。

 

なんとか逃げ帰ったロケット団でしたが、その夜にコジローはヒドイデを手放すことをムサシとニャースに打ち明けます。

 

あそこまで一生懸命に、ヒドイデのことを想っている先輩と一緒にいたほうが幸せだと思ったからです。

 

それを聞いていたヒドイデは、家出をしてしまいます。

 

しかし、その行く先で野生のドククラゲに襲われてしまいます。

 

それを助けたのは、追いかけてきたコジローでした。

 

コジローの行動に感激するヒドイデでしたが、コジローは偶然あらわれた先輩を指さし「一緒に行くんだ」と冷たく突き放します。

 

泣き出すヒドイデを見ていた先輩は、なんとコジローに決闘を申し込みます。

 

先輩もまた、コジローにヒドイデが相応しいのか見定めたいようでした。

 

男の決闘には素直に応じたコジローは、先輩ドヒドイデと激しいバトルを繰り広げます。(ただ、はたから見ると子供の喧嘩レベル)

 

すると、またしてもドククラゲが邪魔に入ります。

 

何故かドククラゲとは相性が良いコジローは、触手を掴んで軽やかに海へと投げ込んでしまいます。

 

その様子を見て惚れたのは、ヒドイデではなく先輩ドヒドイデでした。

 

妙な三角関係になってしまったコジローでしたが、ヒドイデはなんだか楽しそうなのでした……。

 

To Be Continued

スポンサーリンク

第58話の感想

色々ツッコミどころが満載な回でした。

 

まず、夜の浜辺で落ち込むヒドイデの後ろ姿を見たサトシは、「あれって……」とコジローの手持ちポケモンであることに気づきました。

 

後ろ姿だけで個体の判別ができるサトシの目利き……さすがベテラントレーナーですね。

 

そして、サトシに負けないぐらいの超人コジローが登場しました。

 

ドヒドイデの毒を食らっても自力で回復できる免疫力に加え、ドククラゲの触手(猛毒がある)を掴んでもピンピンしているコジローです。

 

カントー地方の人間には、いつも驚かされるポケットモンスターシリーズとなっています……。

 

さて、来週の第59話は『マオとスイレン、にがあまメモリーズ!』です、お楽しみに。

 

スポンサーリンク

関連記事

ポケモンアニメ『サン&ムーン』一覧に戻る

ポケモンアニメ『XY&Z』一覧に戻る