2017年12月28日に放送されたポケモンアニメサン&ムーン第56話『寝る子は強い、ネッコアラの秘密!』の内容と感想の記事になります。

 

スポンサーリンク

第56話『寝る子は強い、ネッコアラの秘密!』の内容

『出典・ポケットモンスター公式サイト

 

サトシはポケモンスクールで、ポケモンバトルの練習をしていました。

 

すると、オーキド校長のパートナーポケモンであるネッコアラが転がってきました。

 

ネッコアラは一生を寝て過ごすポケモンであり、その理由は食べる植物の眠り成分だとオーキド校長に教えられました。

 

その後、オーキド校長とネッコアラの出会いを教えられました。

 

ネッコアラが大切にしていた丸太をなくしてしまい、代わりにオーキド校長の頭が気に入ってしまいます。(そのまま生活)

 

しばらくすると、スクールの鐘を打ち付ける丸太を気に入り、それから居ついてしまったのだといいます。

 

そんな話をしていると、カントーからやってきたプリンが現れ、いつものように『うたう』を使ってしまいます。

 

プリンは、自分の自慢の歌を最後まで聞かない者を許さず、手に持っているマジックペンで顔に落書きしてしまいます。

 

しかし、ネッコアラだけは寝ながら動くことができ、プリンをますます怒らせてしまいます。

 

このままではラチがあかないので、ネッコアラの『うたう』で歌バトルを仕掛けます。

 

ネッコアラはどんなに『うたう』を聞いても眠らないため、プリンは眠ってしまいました。

 

すると、ネッコアラはプリンの顔に落書きをしてしまいます。

 

起きたプリンは自分の顔を見ると、怒り出すどころか面白がっていました。

 

2匹の間に、歌手にしか分からない絆が芽生えた瞬間でした。

 

To Be Continued

スポンサーリンク

第56話の感想

あのプリンの顔に落書きをするという、前代未聞の回となりました。

 

どうやら、これだけのためにプリンをアローラまで連れてきたようです。

 

ウルトラビーストとの戦いの前に、しばらくはアローラのほのぼのストーリーに戻るみたいです。

 

さて、来週の第57話は『ロトム、フォルムチェンジが止まらない!』です、お楽しみに。

 

スポンサーリンク

関連記事

ポケモンアニメ『サン&ムーン』一覧に戻る

ポケモンアニメ『XY&Z』一覧に戻る