2017年10月5日に放送されたポケモンアニメサン&ムーン第44話『サトシとほしぐも!不思議な出会い!!』の内容と感想の記事になります。

 

今回からオープニングが『アローラ!!』に戻り、映像も新しく変わっています。

 

スポンサーリンク

第44話『サトシとほしぐも!不思議な出会い!!』の内容

『出典・ポケットモンスター公式サイト

 

その日、サトシは夢を見ます。

 

『日輪の祭壇』にやってきたサトシの前に、ウルトラビーストのソルガレオ、ルナアーラがウルトラホールから現れます。

 

サトシは、ソルガレオとルナアーラの願いを聞くことにしました。

 

その願いとは、コスモッグのお世話をすることでした。

 

サトシが目を覚ますと、夢のことは忘れて、いつも通りに登校しました。

 

すると、カプ・コケコが森へとサトシを誘いました。

 

サトシとピカチュウが後を追うと、そこにはコスモッグが眠っていました。

 

ロトム図鑑でもデータがなかったポケモンを、サトシはポケモンスクールへ連れていきます。

 

ククイ博士もオーキド校長も初めて見るポケモンであり、その正体は誰にも分かりませんでした。

 

その時、サトシは夢の話を思い出し、コスモッグの世話を頼まれたことをみんなに話します。

 

すると、リーリエはコスモッグの見た目から名前を『ほしぐも』と命名し、みんなでお世話をすることになります。

 

ところが、コスモッグは泣いたり笑ったりと、まるで赤ちゃんのようなポケモンであり、カキもマオも悪戦苦闘します。

 

その中で、食べ物は『こんぺいとう』であることが分かり、なんとか落ち着かせることができました。

 

 

授業が終わり、サトシはリーリエと一緒にククイ博士のポケモン研究所に向かうと、エーテル財団のルザミーネ、ザオボー、ビッケ、そしてバーネット博士が現れました。

 

どうやら、ウルトラビーストが現れることで発せられるウルトラオーラを計測してやってきたようです。

 

そこでサトシは、かつてアローラで起こった伝説を聞かされました。

 

どこからともなく現れた異世界の生物ウルトラビーストが、アローラの守り神たちと激しく争ったという伝説です。

 

彼らはその調査の一環として、ウルトラビーストを研究しているのです。

 

ルザミーネは、『ほしぐも』をエーテル財団の施設に預けて欲しいとサトシに言います。

 

しかし、サトシはソルガレオとルナアーラとの約束を守るため、自分がお世話をすると申し出ました。

 

ルザミーネはそれを承諾すると、「サトシくん、あなたを信じるわ」といって戻っていきました。

 

To Be Continued

スポンサーリンク

第44話の感想

ルザミーネのキャラが180度も違いましたね。

 

アニメは良い人キャラでいくのか、はたまたウルトラビーストに遭遇していないから変貌していないのか・・・気になるところです。

 

ザオボーだけは、相変わらずの悪役っぽさがありますが、ここもどうなるか楽しみですね。

 

また、ククイ博士とバーネット博士の関係が明かされなかったのはたまたまなのか、アニメだと夫婦の設定ではないのか・・・1番モヤモヤした部分でした。

 

そして、グラジオはどのタイミングでストーリーに絡むのかも注目しておきたいポイントですね。

 

さて、来週の第45話は『ほしぐもパニック!テレポートは突然に!!』です、お楽しみに。

 

スポンサーリンク

関連記事

ポケモンアニメ『サン&ムーン』一覧に戻る

ポケモンアニメ『XY&Z』一覧に戻る