2017年6月15日に放送されたポケモンアニメサン&ムーン第30話『リーリエ、ピカチュウをかわいがってあげてね』の内容と感想の記事になります。

 

なお、今回から主題歌が『めざせポケモンマスター-20th Anniversary-』に変更となっています。

 

スポンサーリンク

第30話『リーリエ、ピカチュウをかわいがってあげてね』の内容

ポケモンスクールの授業で、パートナーポケモンを交換することになりました。

 

サトシはシロン、リーリエはピカチュウ、カキはアシマリ、マーマネはアママイコ、マオはトゲデマル、スイレンはバクガメスと一緒に数日過ごすことになります。

 

サトシはシロンと仲良くなろうとしますが、人見知りのシロンはそっぽを向いてしまい、言うことを聞きません。

 

そこで、いつもリーリエが散歩させていることを思い出し、外へ連れ出します。

 

ニャビーやモクロー、イワンコと行動を共にしていくことで、シロンは徐々に心を開くようになります。

 

サトシは仲良くなるために、大好きな特訓にシロンも参加させます。

 

バトルでこそ、ポケモンと繋がることができるサトシだけに、ようやくシロンと心を通わすことができました。

 

一方、リーリエも最初はうまくいっていませんでした。

 

ピカチュウのほうは問題ないのですが、やはりリーリエのポケモン恐怖症が邪魔をし、触れられないのです。

 

どうすればピカチュウと仲良くなれるのかを考えたとき、リーリエもバトルという答えにたどり着きます。

 

サトシとピカチュウの絆は、バトルで何度も見てきたからです。

 

執事のジェームズとポケモンバトルをし、見事バトルに勝利することができました。

 

リーリエは喜びを分かち合うため、知らぬ間にピカチュウを抱きかかえていました。

 

 

この授業のおかげで、リーリエはまた一歩、ポケモン恐怖症を克服することができたのです・・・。

 

To Be Continued

スポンサーリンク

第30話の感想

めざせポケモンマスターのオープニングでは、気になる要素がたくさん解禁していましたね。

 

ようやく、カプ・テテフやライチと関わることになるみたいです。

 

そして、ライチは予想どおり個性的なキャラとなりそうですね・・・。

 

さて、来週の第31話は『ライチ登場!泣いて笑って、島クイーン!!』です、お楽しみに。

 

サン&ムーン一覧に戻る

XY&Z一覧に戻る

スポンサーリンク