2017年5月11日に放送されたポケモンアニメサン&ムーン第26話『さよならマーマネ!』の内容と感想の記事になります。

 

スポンサーリンク

第26話『さよならマーマネ!』の内容

マーマネが自宅に帰ると、パパとママが引っ越しの話をしていました。

 

マーマネとトゲデマルはショックを受け、学校でも無口になります。

 

それを心配したサトシ、カキ、マオ、スイレン、リーリエは、マーマネを問いただします。

 

白状したマーマネに、みんなは表情を曇らせます。

 

しかし、別れの日まで楽しく過ごそうと決め、カキはヴェラ火山にある綺麗な色の湖を、スイレンは夕日に沈む海でホエルオーのジャンプを見せました。

 

このアローラの景色を忘れないで欲しい・・・それが2人のメッセージでした。

 

マーマネは感激しましたが、自宅に帰ったことで事態は一変します。

 

なんと、引っ越しは3軒隣りに移動するだけで、屋根の修理が終わったら再び戻るというのです。

 

マーマネはこの事実をみんなに言おうとしますが、もはやそんな雰囲気ではありません。

 

最終日には、マオの自宅でもあるアイナ食堂に呼ばれ、盛大なパーティが始まります。

 

すると、リーリエは泣き出してしまいました。

 

リーリエが転校してきたとき、最初に話しかけてくれたのはマーマネだったからです。

 

そして、遅れてやってきたサトシは、かごに入れたデンヂムシをマーマネにプレゼントします。

 

マーマネはトゲデマルでバトルをし、見事ゲットします。

 

みんなからここまでされて、ついにマーマネは泣き出してしまいました。

 

泣きながら全てを自白し、謝罪しました。

 

嫌われると思っていたマーマネでしたが、サトシが最初に口にした言葉は「良かった・・・」でした。

 

これで、お別れしなくて済む・・・みんなは口々にそう言い、涙を拭きます。

 

この事件のおかげで、マーマネは友達の大切さを改めて認識することができたのでした・・・。

 

To Be Continued

スポンサーリンク

第26話『さよならマーマネ!』の感想

マーマネが、みんなに嫌われると思ったときの回想シーンは、サン&ムーンアニメの歴代に残る画力でしたね。

 

リーリエとマオでさえ、マーマネをゴミでも見るような目つきでした・・・恐ろしいです。

 

そして、最後で見せたサトシのイケメンな一言「良かった・・・」は、さすがでしたね。

 

顔はアローラにリージョンフォームしても、心はイケメンサトシのままだったようです。

 

さて、来週の第27話は『出でよ!赤き眼差しルガンガン!!』です。

 

この回では、ついにグラジオが登場します、お楽しみに▼

【サン&ムーンアニメ】第27話の感想!グラジオのルガンガンとバトル!タイプ:ヌルはどうした?

 

サン&ムーン一覧に戻る

XY&Z一覧に戻る

スポンサーリンク