2017年4月13日に放送されたポケモンアニメサン&ムーン第22話『スコップに要注意!!!』の内容と感想の記事になります。

 

スポンサーリンク

第22話『スコップに要注意!!!』の内容

サトシは、ピカチュウやロトム、モクロー、イワンコと一緒に、新たな仲間であるニャビーの『ほのおのキバ』を完成させようとしていました。

 

カキは『ほのお』のエキスパートとして、バクガメスとリザードンを連れて特訓を手伝ってくれます。

 

すると、突如スナバァが現れます。

 

カキは、アローラのビーチで最も危険なポケモンだと教えてくれましたが、サトシは不用心に近づきます。

 

スナバァが怒り出したので、イワンコに『いわおとし』で反撃させます。

 

すると、お気に入りのスコップが海に落ちてしまいました。

 

サトシは代用として、ロトムを頭に差し出します。(何故?)

 

スナバァは堪忍袋の緒が切れ、シロデスナへと進化します。

 

そして、サトシとニャビーを体内に取り込んでしまいます。

 

シロデスナは巨大化し、その維持のためにロトムとニャビーの栄養を吸い出します。

 

すると、異変に気付いたマーマネ、リーリエ、スイレン、マオが駆けつけてくれます。

 

スコップを捜す必要があることを知り、スイレンはアシマリに捜索をお願いします。

 

ピカチュウもバルーンに入って、一緒に探すことになります。

 

ニャビーやロトムの体力が心配だった一行は、時間稼ぎのため攻撃を開始します。

 

シロン(アローラロコン)の『こなゆき』が見事に決まり、シロデスナを氷漬けにします。

 

ニャビーは脱出するために、『ほのおのキバ』を見事に決めて氷を破壊し、サトシを外へと導きます。

 

残すは頂上のロトムだけでしたが、肝心なところでシロデスナが復活してしまいます。

 

万事休すかと思われたとき、アシマリとピカチュウが海から戻り、シロデスナのスコップを返すことができました。

 

機嫌が戻ったシロデスナは、再び砂の中へと戻っていきました。

 

To Be Continued

スポンサーリンク

第22話『スコップに要注意!!!』の感想

今回のラストは、ちょっとホラーになっていました。

 

最後、サトシがククイ博士の家でことの成り行きを話していると、外が暗くなりました。

 

ククイ博士がドアを開けると、そこにはシロデスナがおり、家ごと呑み込んでしまったのです・・・。

 

その後、どうなったのかは誰にも分かりません。

 

さて、来週の第23話は『衝撃!ダグトリオ解散!?』です、お楽しみに▼

【サン&ムーンアニメ】第23話の感想!ダグトリオが解散?おかっぱのカキが面白すぎる

 

サン&ムーン一覧に戻る

XY&Z一覧に戻る

スポンサーリンク