2017年4月6日に放送されたポケモンアニメサン&ムーン第20話『サトシとピカチュウ、二人の約束』の内容と感想の記事になります。

 

これは、アニメ20周年記念の1時間スペシャル前半の内容となります。

 

スポンサーリンク

第20話『サトシとピカチュウ、二人の約束』の内容

メレメレじま最大のショッピングモールにやってきたサトシとピカチュウ、ロトムは、クラスメートのリーリエ、マオ、スイレン、マーマネ、カキと一緒にショッピングを楽しんでいました。

 

初めて見るポケマメをみて、サトシはピカチュウ色の黄色を購入します。

 

女子たちは『アローラサンライズ』の施設も見たいと言い出し、カキとマーマネ、ロトムは理由をつけて逃走します。

 

捕まってしまったサトシは、またもショッピングに付き合わされることになります。

 

ふと外に視線をやると、無人島のようなものが見えました。

 

「あれは通称『たからじま』っていうんだよ」

 

話しかけてきた女性は、『アローラサンライズ』でアクセサリーを販売している人でした。

 

シーカヤックを貸してもらえることになり、サトシはピカチュウと一緒に『たからじま』へ向かうことにします。(ちょうど女子たちのショッピングも終わった)

 

『たからじま』につくと、マケンカニ、アブリー、アローラナッシー、コソクムシなど野生のポケモンたちが生活しており、サトシは子供のようにはしゃぎます。

 

モンスターボールを置いてきたサトシは、よくよく考えると久しぶりにピカチュウと2人きりであることに気づきます。

 

サトシはピカチュウに、アローラでもっと強くなりたいと告げると、「ピカチュー!」と答えてくれました。(もちろん、理解できるサトシです)

 

気づくと夕暮れになっていたので、2人は帰ろうとします。

 

しかし、岩の隙間にコソクムシが挟まっていることに気づきます。

 

サトシは上から助けようと、崖を登りますが高くて何度も落ちてしまいます。(しかし、何度でも動けます・・・)

 

ピカチュウは機転を利かせ、アローラナッシーに助けを求め、サトシは頭の上に乗せてもらって崖の上に到着します。

 

そして、コソクムシがいる崖の下へと降りていきます。(落ちる恐怖心が一切ない表情)

 

コソクムシが出られない理由の岩を見つけると、ピカチュウの『アイアンテール』で破壊します。(外からやったほうが早かったのでは?)

 

コソクムシはサトシに感謝し、仲間の元へと帰っていきました。

 

ふと、空を見上げるとカプ・テテフが光の鱗粉をまき散らして飛翔していました。

 

その鱗粉に触れたサトシの傷は、みるみるうちに回復していきました。

 

「ありがとう!」と叫ぶサトシを一瞥したあと、カプ・テテフはどこかへと去っていきました。

 

サトシとピカチュウはその姿を目に焼きつけ、もう1度会いたいと思うのです・・・。

 

To Be Continued

スポンサーリンク

第20話『サトシとピカチュウ、二人の約束』の感想

『アローラサンライズ』で、マオが髪型を変えていました。

 

マオファンには、嬉しいサプライズだったのかもしれませんね。

 

また、今回はサトシとピカチュウが約束を交わしているときにXYの曲が流れました。(クノエシティ)

 

XYのBGMは、いい曲ばかりだったことを思い出しました。(もちろん、サンムーンも良いです)

 

さて、1時間スペシャルの後半は『ニャビー、旅立ちの時!』です、お見逃しなく▼

【サン&ムーンアニメ】第21話の感想!ムーランドとニャビーがついに・・・ニャースが男を見せる

 

サン&ムーン一覧に戻る

XY&Z一覧に戻る

スポンサーリンク