2017年2月23日に放送されたポケモンアニメサン&ムーン第15話『爪あとの丘、イワンコとルガンガン』の内容と感想の記事になります。

 

スポンサーリンク

第15話『爪あとの丘、イワンコとルガンガン』の内容

サトシ、ククイ博士、ピカチュウが帰ってくると、イワンコが傷だらけになっていました。

 

イワンコの様子がおかしいと思ったサトシたちは、後日、イワンコの後を付けました。

 

すると、イワンコは爪あとの丘に向かっていました。

 

そこは、野生のポケモンたちの道場のような場所で、力を競い合っていました。

 

ルガンガン真昼の姿と真夜中の姿がぶつかり合うのを合図とし、周りのポケモンたちもバトルを始めます。

 

イワンコのライバルは、ブーバーでした。

 

しかし、圧倒的力の差で負けてしまいます。

 

それを見ていたサトシは、イワンコを強くしようと特訓を始めます。(さすが特訓好き・・・)

 

「ここで、こう力を入れるといいんだよ」とサトシの自分の体を使って、ポケモンが技を発動するタイミングを教え始めます。(「オレはゲッコウガになる!」とポケモン宣言しただけはあります)

 

そして、イワンコが『いわおとし』を発動させると、自らが標的となって技を受けます。(もはや人間ではない・・・)

 

その特訓のおかげで、イワンコは苦戦しながらもブーバーを倒すことができました。

 

「サトシ、イワンコをゲットしてやってくれないか?」

 

バトルが終わったあと、ククイ博士はサトシにそう言いました。

 

実は、イワンコはククイ博士になついているだけで、ただの居候だったのです。

 

サトシは喜んでイワンコをゲットし、新たなパートナーにしたのでした。

 

To Be Continued

スポンサーリンク

第15話『爪あとの丘、イワンコとルガンガン』の感想

1番弱い『いわおとし』とはいえ、両手でガードして耐えることができる人間は、サトシをおいて他にいないでしょう。

 

以前のストーリーと互換性を切ったと言われていますが、やはり超人的マサラの力はサンムーンでも健在のようです。

 

そして、アニメではお決まりのポケモンからボールに入ってくれる楽ちんなゲット方法。

 

サンムーンのゲームだと、ポケリゾートにやってくるポケモンたちがそうなのかもしれませんね。

 

さて、来週の第16話は『小さな三匹、大きな冒険!』です、お楽しみに▼

【サン&ムーンアニメ】第16話の感想!アシマリとモクローのコントが面白い!ニャビーはゲットならず

 

サン&ムーン一覧に戻る

XY&Z一覧に戻る

スポンサーリンク