2017年2月2日に放送されたポケモンアニメサン&ムーン第13話『アローラパンケーキ大レース!』の内容と感想の記事になります。

 

スポンサーリンク

第13話『アローラパンケーキ大レース!』の内容

メレメレ島には、パンケーキレースという恒例のお祭りがあります。(ゲームにはありません)

 

パンケーキのお店で働くノアとライチュウ(アローラの姿)は、前回の優勝ペアでした。

 

ピカチュウも進化形のライチュウに闘志を燃やし、やる気は十分です。(シリーズ恒例の因縁の仲・・・)

 

マオはアマカジ、マーマネはトゲデマル、スイレンはマシマリ、カキはバクガメス、オーキド校長はネッコアラでレースにチャレンジします。

 

優勝者には『パンケーキ食べ放題パスポート』が貰えるということで、ムサシもミミッキュと一緒に出場することになります。

 

コジローは、ターボエンジンを搭載したロボキテルグマ(ニャースとソーナンスが操縦)で参加します。

 

いざ、レースが始まると、カキはバクガメスを引っ張ることができずに敗退します。(しかし、棄権はしない・・・)

 

マーマネはパンケーキをパートナーに渡す前に落としてしまい、トゲデマルの出番が来る前に失格となります。(トゲデマルにむちゃくちゃ怒られる)

 

アシマリとアマカジはいいところまでいきますが、ミミッキュとぶつかって全員失格です。

 

残すは1位ライチュウ、2位ピカチュウ、3位ネッコアラ、4位ロボキテルグマという位置関係になります。

 

ゴールが近くなると、ロボキテルグマがターボエンジンを発動し、1位に躍り出ます。

 

勝負あったかに見えた・・・その時、本物のキテルグマにさらわれてしまいました。(臭いだけで分かったらしい)

 

あっけにとられているピカチュウとライチュウをしり目に、ネッコアラが転がってゴールしてしまいます。

 

結局、優勝したのはネッコアラとオーキド校長という結果になりました・・・。

 

 

次の日、リーリエがシロン(タマゴのニックネーム)の異変に気づきます。

 

卵から産まれたのは、真っ白なロコンでした・・・。

 

To Be Continued

スポンサーリンク

第13話『アローラパンケーキ大レース!』の感想

トゲデマルの怒りっぷりが可愛い回となりました。

 

もはや、デデンネが過去のポケモンとなりつつあるようです・・・。

 

また、エンディングでロトム図鑑がZワザでボコボコにされなくなりました。

 

もしかすると、ロトム愛好家の批判があったのかもしれません。

 

そして、リーリエのタマゴがロコンという展開で番組が終了しました。

 

はたして、リーリエはロコンに触ることができるのか、注目のシーンとなりそうです。

 

さて、来週の第14話は『勇気の結晶、リーリエとロコン!』です、お楽しみに▼

【サン&ムーンアニメ】第14話の感想!リーリエがシロンに触れるようになる

 

サン&ムーン一覧に戻る

XY&Z一覧に戻る

スポンサーリンク