2017年1月19日に放送されたポケモンアニメサン&ムーン第11話『サトシ、カキんちに行く!』の内容と感想の記事になります。

 

スポンサーリンク

第11話『サトシ、カキんちに行く!』の内容

サトシはククイ博士と一緒に、Zワザの練習をしていました。

 

モクローは『ウルトラダッシュアタック』で海を割ります。(体当たりでこのレベル・・・)

 

すると、カキがリザードンに乗ってやってきました。どうやら、配達の途中だったようです。

 

カキの実家は牧場なので、早朝から飛び回っているのです。

 

サトシもお手伝いをすることになり、ククイ博士からペリッパーを貸してもらえます。(ピカチュウとロトム図鑑は口の中に入る)

 

牧場はアーカラ島にあり、たくさんのミルタンクやケンタロス、ドロバンコが生活していました。

 

サトシはドロバンコの世話をしてみますが、後ろ足で蹴られて50mぐらい吹っ飛びます。(もちろん、無傷)

 

家族も紹介され、妹のホシにカキが過保護である事実も発覚します。(ホシの髪型がダイヤモンドパールで登場するバクにそっくり)

 

一日中働かされて疲れたサトシでしたが、真夜中にポケモンバトルの修行をしているカキを目撃します。

 

かつて『しまキング』だった祖父からリザードンと『ホノオZ』を受け継いだカキは、最強の炎使いを目指していることを知ります。

 

サトシも『負けていられない』と胸に誓うのでした。

 

 

次の日、配達途中でスカル団に襲撃されますが、サトシはピカチュウの『スパーキングギガボルト』で撃退します。

 

それを見たカキは、サトシの実力を認めます。

 

互いに『Zリング』のライバルとして、配達後に一戦交えるのでした・・・。

 

To Be Continued

スポンサーリンク

第11話『サトシ、カキんちに行く!』の感想

 

『出典:左・ダイヤモンド&パール 右サン&ムーン』

 

第11話の感想よりも、ホシの兄がバクにしか思えないことのほうが気になる回でした。

 

ただ、カキはホシにデレデレお兄さんであり、引き離して考えるのは可哀想なので、他人の空似ということにしておきましょう。

 

そして・・・ロケット団はアローラに何をしに来たのか?という疑問が更に深まる回でもありました。

 

さて、来週は第12話『課外授業はヒドイデ!?』です、楽しみに▼

【サン&ムーンアニメ】第12話の感想!ミミッキュの中身が海を泳ぎ、ニャース溺れる

 

サン&ムーン一覧に戻る

XY&Z一覧に戻る

スポンサーリンク