2016年12月27日に放送された年末スペシャル番組『リアル体験!あつまれ!ポケモンスクール』の内容と感想の記事です。

 

宮川大輔さん、ずん飯尾さん、米村でんじろうさん、小島瑠璃子さんの他に、子供たちも授業に参加していました。

 

スポンサーリンク

ピカチュウのスパーキングギガボルトを再現

実験には、米村でんじろう先生も立ち会ってくれました。

 

ピカチュウのZワザを再現するために用意されたのは、テスラコイルです。

 

テスラコイルは、50万ボルトの電圧を発生させる装置で、宮川大輔さんは拳を近づけて電流に触る役を任されます。

 

小島瑠璃子さんが「触ったらバチっとなりますよね?」と米村でんじろう先生に尋ねると「うん、ふふふ」と笑ってしまいます。

 

案の定、宮川大輔さんが「スパーキングギガボルト!」と叫んだあとにバチッとなり、子供たちに笑われていました。

 

アシマリのバルーンを再現

アニメで登場するスイレンの夢は、アシマリのバルーンに入ることです。

 

それを再現するため、宮川大輔さんが巨大バルーンに入ることになります。

 

しかし、浮かせることを目的に作られていますので、ビニール質のバルーンは非常に薄い作りとなっています。

 

ヘリウムガスを注入して浮き上がると、宮川大輔さんは「怖い怖い」としか言わなくなります。(ビニールが破けるのではないかと、微動だにしません)

 

すると、小島瑠璃子さんが「立てますか?」と無茶ぶりをいうと「鬼か!」と言われてしまい、笑いが起こっていました。

 

岡崎体育のZワザポーズ

アニメサン&ムーンのエンディングテーマ『ポーズ』を歌っている岡崎体育さんが登場し、Zワザのポーズを教えてもらえることになります。

 

しかし、ずん飯尾さんは年齢的に難しいのか、「すいません、休憩もらいます」と言って、子供たちからクスクス笑われていました。

 

スポンサーリンク

ポケモンスクールの感想

ポケモンでは、あまり例のない特番番組でした。

 

いつもなら、年末年始に映画の放送をもってきますが、今回はなさそうです。

 

ちなみに、あまりポケモンのイメージがない小島瑠璃子さんですが、実はサンムーンを購入し、10年ぶりにポケモンをプレイしたようです。

 

しかも、厳選のやり方を覚えてしまったようで、6Vイーブイを生み出そうとグルグル回っているみたいです。

 

もしかすると、ポケんちにも登場してくれるかもしれません。

 

さて、来週のポケモンアニメ第9話『ぬしポケモンはデカグース!』は、1月5日の放送となります▼

サン&ムーン第9話の感想

 

また、ポケんちは1月8日の放送となります、お楽しみに。

 

サン&ムーン一覧に戻る

XY&Z一覧に戻る

ポケんち一覧に戻る

スポンサーリンク