ポケモンのインターネットバトル大会で、ついに第4世代である『シンオウ』がメインの大会が開かれます。

 

これに参加すると、最も最強と謳われるシロナの『ガブリアス』が配布されます。

 

6月29日にルールが追加されまして、カイリューバンギラスヒードランが使用不可となりました。

 

スポンサーリンク

シンオウダービーのルール

エントリー期間

2016年7月14日(木)14:00~22日(金)8:59

※1つのアカウントに『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア』の2本を登録している場合、両方のソフトでのエントリーが可能。

※参加するゲームソフトごとにエントリーが必要。

開催期間

2016年7月22日(金)9:00~25日(月)8:59

参加プレゼント

ガブリアス(名前をクリックすると、配布されるガブリアスの詳細記事に移動します)

入手条件

勝敗のつく対戦を3戦行う

定員数

全世界 先着5万名様 (予定)

※エントリー受付は先着順。定員に達したら、エントリー期間内でも受付は終了。

※大会開始後のエントリーは不可。エントリー受付期間内に、エントリーを完了しなければならない。

カテゴリ

ジュニア 2001年1月1日以降生まれ

マスター 2000年12月31日以前生まれ

※ジュニアカテゴリは、23:00~翌6:00までは対戦不可。

対戦ルール

形式

ダブルバトル

使用できるポケモン

全国図鑑No.001~493のポケモン

※伝説、幻は不可。準伝説のみ可。ただし、レジギガスだけ可。

※3DSダウンロードソフト『ポケムーバー』を使って、DSソフト『ポケットモンスターブラック・ホワイト・ブラック2・ホワイト2』から連れてきたポケモンを、そのまま使用することができます。

※上記に加えて、カイリューバンギラスヒードランも使用できません。

本大会のレギュレーションは、ポケモンゲーム初の世界大会である「the 2008 Video Game Showdown」と同様のレギュレーションとなります。

バトルボックス

4~6匹のポケモンを登録。

Lv.50以上のポケモンは、全てLv.50となる。

道具

道具は持たせられるが、メガストーンは不可。

1試合の対戦時間

最大30分

対戦に出すポケモンの選択時間

90秒

1ターンあたりの選択時間

60秒

1日あたりの対戦可能回数

15戦

※残った対戦数は、翌日以降に繰り越して対戦可能。1日の切り替わるタイミングは、UTC午前0時(日本時間の午前9時)。

スポンサーリンク

シンオウダービーの考察

タイトルのせいで誤解を招きやすいですが、出場資格があるのは第1世代から第4世代までです。

 

メガストーンを持たせられないので、『メガゲンガー』の『ほろびのうた』コンボやメガガルーラが出てこない環境となります。

 

とはいえ、シンオウポケモンには同じくらい危険なポケモンもいるので、やはり対策は広範囲になってしまうでしょう。

 

第1世代

ライチュウ

JCS2016ジュニアでも活躍を見せていたライチュウであり、ダブルバトルでは強力なポケモンです。

 

初手に出てくることがほとんどで『ねこだまし』を放ってきます。

 

相手が『ねこだまし』を使ってきたら、次のターンは『アンコール』で動きを封じます。

 

耐久性には難ありなので『きあいのタスキ』持ちがほとんどです。

 

ゲンガー

メガシンカしなくても強力なダメージを放てるポケモン。

 

タイプ一致の『ヘドロばくだん』『シャドーボール』だけでなく、『おにび』や『こごえるかぜ』などのフォローも可能です。

 

ただし、『ふいうち』にはめっぽう弱いですので、ほとんどのトレーナーが『きあいのタスキ』を持たせます。

 

2連続攻撃ができるメガガルーラが不在のため、もしかすると出現率が上がる可能性があります。

 

ラッキー

シンオウポケモン対策に気を取られていると、この辺の防御型を突破できなくなるので注意したいです。

 

『ちいさくなる』『ちきゅうなげ』『たまごうみ』のサイクルで、居座り続けます。

 

『しんかのキセキ』持ちは確実なので、『はたきおとす』で取り除く必要があります。

 

サンダー

安定の防御型。

 

『ずぶとい』の採用が多く、『ぼうぎょ』に特化している場合がほとんどです。

 

『10まんボルト』『ねっぷう』『はねやすめ』『おいかぜ』が基本技構成であり、対策を練りやすいポケモンでもあります。

 

ただし、氷『めざめるパワー』には注意は必要です。

 

第2世代

バクフーン

『もらいび』で『とくこう』を上げ、『ふんか』してくる可能性があります。

 

キュウコンに『ひでり』をしてもらえば、ダメージは更に上がります。

 

とはいえ、ダブルでは主流の『いわなだれ』『じしん』の環境に、どう対処するかもバクフーン使いの課題と言えるでしょう。

 

クロバット

サポートで採用するトレーナーが多いでしょう。

 

『おいかぜ』『ちょうはつ』だけでなく、『いかりのまえば』でHPを半分にしてきます。

 

弱点はたくさんあるので、さっさと倒しておきたいポケモンです。

 

ニョロトノ

メガリザードンだけならまだしも、バンギラスも不在となりましたので、ニョロトノの『あめふらし』を止める術が限定されており、進出してきそうなポケモン。

 

相方に必ずルンパッパがやってきて、特性『すいすい』で『すばやさ』を2倍にして先制攻撃してきます。

 

『おいかぜ』『トリックルーム』など、『すばやさ』の不利を解消する必要があります。

 

ドーブル

ダブルバトル対策における永遠のテーマ。

 

『ダークホール』があまりに強力であり、どうやって封じるかがポイントです。

 

下手に先制攻撃しようとすると『ニードルガード』『キングシールド』を張られます。

 

『ちょうはつ』を特性『いたずらごころ』で放てるポケモンがいれば、心強いです。

 

スイクン

耐久性が高く、確実に『おいかぜ』を決められるポケモン。

 

他にも『こごえるかぜ』で相手の『すばやさ』を下げることも可能であり、中には『バークアウト』を採用してくるトレーナーもいます。

 

何より、今回は過去作のポケモンを連れて来られるので『ぜったいれいど』持ちのスイクンも暴れそうです。

 

バンギラス(追加ルールにより、使用不可となりました。)

強さだけでなく、天候パーティを崩すことが可能です。

 

今回は『クレセリア』も出てくるので、バンギラスの需要は高まりそうです。

 

『かくとう』だけ注意すれば、これほど適任なポケモンもいません。

 

第3世代

サーナイト

メガシンカなしでも出てくるポケモン。

 

『マジカルシャイン』のタイプ一致が強く、アタッカーとしても採用できます。

 

特性『テレパシー』で味方の全体攻撃も避けることができ、合わせやすいのも特徴です。

 

『トリックルーム』『でんじは』あたりが採用の高い変化技と言えるでしょう。

 

キノガッサ

『キノコのほうし』で100%眠らせることができるのは、やはり魅力。

 

『マッハパンチ』で先制できるのも強みです。

 

耐久性の低さを補うため『きあいのタスキ』持ちが多いです。

 

ケッキング

一撃でやられることはほぼないので『ギガインパクト』をタイプ一致で放ってきます。

 

これを食らうと確実に耐えられません。

 

ただし、『はがね』『いわ』『ゴースト』にはやってこない傾向が強いので『まもる』で防ぎやすい相手でもあります。

 

ヤミラミ

本大会において、特性『いたずらごころ』で変化技を撃てる数少ないポケモン。

 

『おにび』『いばる』『ちょうはつ』など、サポートとして嬉しい技を備えています。

 

ただし、シングルと違って集中砲火されると『きぜつ』しやすいので、しっかりと相手の行動を読む必要があります。

 

ユレイドル

特性『よびみず』で『みず』を無効にし、『とくこう』を上げてきます。

 

能力強化が目的よりも、味方の弱点を補う理由での採用が多いです。

 

『ステルスロック』で、じわじわとダメージも狙ってきます。

 

とはいえ、威力はそれほどないので、放っておくという対処の仕方もあります。

 

ボーマンダ

多くの熟練トレーナーに採用されるポケモン。

 

威力もさることながら、やはり特性『いかく』が便利。

 

初手に出して『りゅうせいぐん』をお見舞いするという、やりたい放題で場を荒らすことも可能です。

 

ただし、『こおり』が弱点なので、『こごえるかぜ』でさえ『きぜつ』する可能性があります。

 

ラティアス、ラティオス

ラティアスは『とくぼう』の高さを活かしてサポートができ、ラティオスは『とくこう』『すばやさ』の高さで先制攻撃ができる強力なアタッカーです。

 

ただし、今回はクレセリアの採用が多くなりそうなので『トリックルーム』が多発する可能があります。

 

どちらも『すばやさ』が高いので、シンオウダービーでは動きづらいと思います。

 

もっと言えば、クレセリア対策で『ゴースト』『あく』技が多く採用されると思われるので、ラティアス、ラティオスはその巻き添えを食らう形となるのです。

 

第4世代

ゴウカザル

シンオウダービーの中では『すばやさ』がトップクラスであり、『ねこだまし』も覚えるポケモンです。

 

ドーブル対策としても注目を浴びるでしょう。

 

ただし、耐久性が低いので『きあいのタスキ』は必須道具となります。

 

ドータクン

特性が『たいねつ』『ふゆう』を選べるので、『ほのお』と『じめん』どちらも対策することができるポケモン。

 

『トリックルーム』も使えるので、鈍足パーティに適しています。

 

タイプ一致の『ジャイロボール』も強力です。

 

ただし、クレセリアとタイプが被っているので、クレセリア対策ポケモンにやられやすいです。

 

ガブリアス

『ドラゴン』タイプでもっとも採用頻度の高いポケモン。

 

『こうげき』と『すばやさ』が高いにも関わらず、耐久性もそれほど低くないという安定感が人気の理由です。

 

技もバリエーション豊富に覚えることができるので、どんなパーティ構成でも合わせやすいです。

 

ただし、『ドラゴン』なので『こおり』には耐性がまったくありません。

 

ドサイドン

シンオウダービーでは『トリックルーム』が多くなりそうなので、ドサイドンが猛威を振るう可能性があります。

 

タイプ一致の『いわなだれ』『じしん』は強力であり、要注意ポケモンと言えるでしょう。

 

ただし、『くさ』『みず』は4倍なので、弱点を突かれやすいというウィークポイントもあります。

 

トゲキッス

数少ない『フェアリー』枠。

 

『とくこう』の威力が高いので、アタッカーとしての採用が多そうです。

 

『でんじは』『おいかぜ』などのサポートも可能です。

 

ユキメノコ、マニューラ

耐久性は低いですが、ガブリアスよりも早く動ける『こおり』ポケモンはとても価値があります。

 

マニューラは『ねこだまし』も使えるので、出てくる可能性は大です。

 

ロトム

『ヒート』『ウォッシュ』が最も多い型ですが、なんにせよシンオウダービーで溢れそうなポケモンです。

 

『ひかりのかべ』『リフレクター』をしっかり張ってくるロトムもいれば、『ハイドロポンプ』『オーバーヒート』を積極的に狙ってくるアタッカーもいます。

 

持ちものを『オボンのみ』にして、耐久性を上げる型が1番多そうです。

 

弱点をしっかりと突く必要があるので、『くさ』技が使えるポケモンは入れておいたほうがいいでしょう。

 

ポリゴンZ

『とくこう』が高く、さまざまな特殊攻撃が可能なポケモン。

 

タイプ一致の『トライアタック』は、特性『てきおうりょく』で2倍となるので相当強力です。

 

『ゴースト』ポケモンの採用も検討しておいたほうが良いでしょう。

 

ヒードラン(追加ルールにより、使用不可となりました)

ポケモン総選挙で180位という微妙な順位でしたが、ダブルでは強力なポケモンです。

 

キュウコンに『ひでり』を使わせて『ふんか』をするコンボを狙ってくるトレーナーは少なくないでしょう。

 

ただし、『じめん』攻撃には細心の注意が必要となります。

 

クレセリア

本大会シンオウダービーのダークホースです。

 

『トリックルーム』『てだすけ』は固定だと思います。

 

『ドラゴン』が出てきそうなので『こごえるかぜ』『れいとうビーム』をウェポンとして採用してくるでしょう。

 

道具は『たべのこし』か『オボンのみ』、『メンタルハーブ』が一般的です。

 

すみやかに『はたきおす』をし、『ちょうはつ』で無力化しておきたい相手です。

 

シンオウダービーのポイント

メガシンカが封印されているので、ある程度は対策の幅を縮めることができます。

 

少なくても、これらの点は抑えておきましょう。

 

  1. ドーブル対策
  2. ドラゴン対策
  3. エスパー対策
  4. トリックルーム対策

 

ドーブルに関しては毎度のことなので、とくに論じる必要はないと思います。

 

気になる方は、JCS2016の上位8名のドーブル技を参考にし、対策しましょう。

 

関連記事

JCS2016のマスターカテゴリのパーティ構成

 

第1~4世代なので、やはり『ドラゴン』枠が気になります。

 

『ボーマンダ』『ガブリアス』が特に出てきそうなので、やはり1匹は『こおり』技の使えるポケモンが必要だと思います。

 

3と4は同じジャンルです。

 

やはり、問題はクレセリアでしょう。

 

『トリックルーム』を決められると、流れを持っていかれます。

 

『エスパー』ポケモンに大ダメージを与えれる『ゴースト』『あく』技は必要不可欠です。

 

または、こちらも鈍足パーティで組むのも良いでしょう。

 

スポンサーリンク