ポケモンコマスターで開催された、チームマッチの記念すべき最初の大会『プレマッチ』。

 

しかし、そこで待っていたのは、ポケモンGOの勢力図よりも酷いものでした。

 

リザードンチームの1強という結果だったのです。

 

スポンサーリンク

コマスターのプレマッチでリザードンチーム圧勝!逆転の要素追加を希望!!

『1日目中間発表』

 

こちらの画像は、1日目の中間発表です。

 

この時から、すでにカメックスチームとフシギバナチームの方は絶望の中にいましたが、「いや、まだ2日ある」「頑張れば、挽回できる!」と思っていた方も多かったと思います。

 

『2日目中間発表』

 

そして、こちらが2チームの頑張った結果となります。

 

リザードンチームは、1%とか奪われていないという現実が広がっていました。

 

この時点で、リザードンチームも自分たちが優勝することはほぼ確信していたことでしょう。

 

『3日目中間発表』

 

3日目になると、ほとんどブレがありません。

 

もしかすると、参加する人数も激減したのかもしれませんね・・・。

 

『最終結果発表』

 

そして、これが皆さんも知っての通りの最終結果となっています。

 

『プレマッチ』は、リザードンチームの圧倒というストーリーで終了しました。

 

リザードンチームが優勝した理由は、言う間でもありません。

 

それは、数の差です。

 

スポンサーリンク

チームマッチの改善点

始まる前から、リザードンチームが優勝することは、なんとなく想像できていました。

 

その理由は、ユーザーがチームを選ぶ基準は好きなポケモンだと思ったからです。

 

だからこそ、初代御三家の中で最も人気の高いリザードンに人が集まったのだと思います。

 

なので、ここは『A』『B』『C』など、フラットな気持ちで選べるチーム名のほうが良いでしょう。

 

そして、中間発表で最下位にチームパワーが注入されていました。

 

たぶん、なんの意味もなかったのではないでしょうか?

 

今回はチャージブースターが無料配布されてしまったため、どのチームも×7以上をキープしていたからです。

 

なので、最下位チームだけは×20ぐらいまで解放したほうが良かったのかもしれません。

 

もっとも、数が圧倒的すぎて、それでも対応しきれない気はしますが・・・。

 

あとは、トップランカーが同じチームに多すぎると、レーティングのマッチングにより同チームのバトルとなってしまい、チームポイントがうまく入らなかったこともあるでしょう。

 

問題は他にも多々あると思いますが、結論だけ言えば今のチームマッチのルールだと逆転の術がない気がします。

 

これらの改善点が実行されなければ、チーム優勝報酬で限定フィギュアが登場したとき、最下位のチームは絶望の淵に立たされることになるでしょう。

 

スポンサーリンク

関連記事

カプ・コケコデッキが最強無敵!火力インフレで環境崩壊

ミカルゲのろいボムの投げ込みがテロレベル!対策は?

メガゲンガーデッキが最強入り!現環境のすり抜け地獄を対策せよ!

コマスター最強デッキ考察

コマスターのトップページに戻る