PスクラップAコースで手に入るサンダー。

 

特性が『せいでんき』なら、その性格や技はどうしたらいいでしょうか。

 

スポンサーリンク

PスクラップAコースのサンダー

入手方法

ポケモンスクラップが入った対象商品を12個購入し、『ポケモンスクラップ2016』の特設サイトで『Aコース』にスクラップナンバーを登録する。

受け取り期間(登録&受け取り)

3月1日(火)14:00~8月31日(水)12:00(正午)まで

全国図鑑

145

分類

でんげきポケモン

高さ

1,6m

重さ

52,6kg(けたぐり威力80)

説明

電気を 操る 伝説の 鳥ポケモン。

普段は カミナリ雲の 中で 暮らしている。

カミナリに 撃たれると 力が わいてくる。

Lv.

70

タイプ

でんき、ひこう

特性

せいでんき

持ち物

なし

Pスクラップ

ボール

プレシャスボール

リボン

クラシックリボン

ほうでん

でんきショック

あまごい

こうそくいどう

種族値

HP    90

こうげき  90

ぼうぎょ  85

とくこう  125

とくぼう  90

すばやさ  100

スポンサーリンク

Pスクラップサンダーの厳選

性格

サンダーの種族値を見ると、アタッカーとして十分な『とくこう』があることが分かります。

 

『すばやさ』の激戦区である100なので、速さもアタッカーとして申し分ない値です。

 

ただ、『でんき』『ひこう』というタイプの組み合わせは大変優秀であり、防御型として採用することが可能です。

 

『HP』『ぼうぎょ』『とくぼう』の種族値も悪くないですし、多くのトレーナーはサンダーを防御型にし、サポートも任せています。

 

また、今回のPスクラップでは隠れ特性『せいでんき』なので、防御型にしたほうが攻撃される分メリットがあります。

 

このように、攻撃型にするか防御型にするかで、採用する性格は大きく変わってきます。

 

攻撃型

アタッカーにするのなら、必然的に『ひかえめ』『おくびょう』の2択となります。

 

種族値が『とくこう』の方が高いから、という理由もありますが、物理の技が乏しいのです。

 

『ねっぷう』『シグナルビーム』など、タイプとはまったく違う技を覚える特殊型にすべきです。

 

サンダーの弱点である『じめん』タイプを『氷めざめるパワー』で倒すこともできます。

 

ただ、アタッカーであっても、何か変化技を1つは採用しておいたほうがいいでしょう。

 

『でんじは』『はねやすめ』があると、シングルのアタッカーでも十分役立ちます。

 

防御型

ここで問題なのが、『ぼうぎょ』を高めるために『ずぶとい』にするのか、『とくぼう』を高めるために『おだやか』にするのかという点です。

 

サンダーの弱点は『いわ』と『こおり』です。

 

『いわ』は物理が多く、『こおり』は特殊が多いです。

 

パーティ構成によって、どちらのサンダーが合うのかを考える必要があります。

 

ただ、今回の特性『せいでんき』は接触攻撃時に30%の確率で『まひ』にさせるものなので、『ぼうぎょ』に振っているほうがメリットが大きいです。

 

とはいえ、『いわ』技の代名詞は『いわなだれ』『ストーンエッジ』ですので、接触とはまったくの無関係なのですが・・・。

 

持ち物

攻撃型でも防御型でも1番多いのが『ゴツゴツメット』です。

 

耐久性は優秀なので、減らせるだけ減らしてもらいましょう。

 

次に『オボンのみ』『ラムのみ』となります。

 

攻撃型で、とことん威力を上げていきたいのなら『たつじんのおび』『いのちのたま』『じゃくてんほけん』などを持たせるといいでしょう。

 

技(シングル)

シングルバトルでの防御型サンダーの仕事は、じわじわと相手のHPを減らしていくことです。

 

『どくどく』で弱らせ、自分は『はねやすめ』をします。

 

『どく』が効かない相手なら、『せいでんき』で『まひ』になってもらいましょう。

 

『10まんボルト』『ねっぷう』『めざめるパワー』のどれか2つをウェポンとして採用し、追い打ちをかけていきます。

 

相性が悪ければ『ボルトチェンジ』で逃げるという戦略もあります。

 

技(ダブル)

ダブルでのサンダーの仕事は、場に居座ることです。

 

変化技でサポートをし、攻撃でダメージもそこそこ与えられるのがサンダーの利点です。

 

『おいかぜ』で味方を強化し、『どくどく』『でんじは』で相手を弱らせます。

 

『ねっぷう』で両方ともじわじわとダメージを与えるなど、サンダーのやれることは多いです。

 

ポケモン配布一覧に戻る

スポンサーリンク