2017年7月9日に放送されたポケんち第91回の内容と感想の記事になります。

 

今回は、『キミにきめた』の声優陣が登場します。

 

スポンサーリンク

『キミにきめた』の声優陣が登場

『出典・ポケモンの家あつまる?公式サイト

 

あばれる君は、映画『キミにきめた』の公開アフレコにやってきました。

 

そこでは、ソウジ役の本郷奏多さん、マコト役の佐藤栞里さん、ボンジイ役の古田新太さん、マーシャドー役のやまちゃん(山寺宏一)、ジョーイ役のしょこたんが取材に応じていました。

 

その後、映画のヒット祈願として、あばれる君がホウオウの羽を3mの高さから落とし、キャッチできるかに挑戦するゲームが始まります。

 

若手俳優の本郷奏多さん、佐藤栞里さんは成功するのですが、やまちゃん、しょこたんは失敗となります。

 

最後の古田新太さんが成功したので、なんとかヒット祈願成功という形になりました。

 

しょこたんのジョーイ役

実は、今回のしょこたんは声優として苦戦を強いられていました。

 

その理由は、ジョーイさんに対する憧れが強いからでした。

 

しょこたんにとっては永遠のお姉さんなのですが、アニメではしょこたんよりも年下となっています。

 

つまり、しょこたんはお姉さんとして演じているつもりなのに、聞いている監督たちからすれば中年女性に感じてしまうのです。(実年齢32のしょこたんから見た年上→50歳となる)

 

なので、監督たちの要望は等身大のしょこたんの声だったのです。

 

何度もやり直しを行い、しょこたんは等身大の女性を演じることができました。

 

『キミにきめた』だけのダブルバトル

『キミにきめた』に出演するポケモンだけのダブルバトルとなります。

 

あばれる君、藤田ニコルさんVSヒャダインさん、りんかさんチームとなります。

 

1ターン目

藤田ニコルさんはリザードン(同名)、あばれる君はポッチャマ(同名)を繰り出します。

 

りんかさんはガオガエン(同名)、ヒャダインさんはホウオウ(同名)を繰り出します。(プレッシャー発動)

 

ホウオウは『ゴッドバード』を『パワフルハーブ』で発動し、リザードンを倒します。(急所に入る)

 

ガオガエンは『DDラリアット』で、ポッチャマのHPを5/10にします。(しんかのきせき?)

 

ポッチャマは『スーパーアクアトルネード』で、ガオガエンを一撃で倒します。

 

リザードンの代わりにピカチュウ(サトシのキャップ)、ガオガエンの代わりにルガンガン(真夜中の姿)が登場します。

 

2ターン目

ホウオウは『せいなるほのお』で、ピカチュウのHPを1/10にします。(やけど状態)

 

ルガンガンは『ロッククライム』で、ポッチャマを倒します。(いのちのたま発動)

 

ピカチュウは『1000まんボルト』で、ホウオウを倒します。

 

ピカチュウは『やけど』の被ダメージを受けますが、耐えます。

 

ホウオウの代わりにマーシャドー、ポッチャマの代わりにルカリオ(同名)が登場します。

 

3ターン目

ルガンガンは『かみくだく』で、ピカチュウを倒します。(いのちのたま発動)

 

ルカリオは『ラスターカノン』で、ルガンガンを倒します。(いのちのたま発動)

 

マーシャドーは『七星奪魂腿』で、ルカリオを倒します。

 

よって、りんかさん、ヒャダインさんチームの勝利となります。

 

スポンサーリンク

ポケんち第91回の感想

ポケんちで公開された映画『キミにきめた』の映像では、昨日放送された最新映像以外の部分も紹介されていました。(とはいえ、数秒ぐらい)

 

クロス、マーシャドー、そしてピカチュウとの決別・・・。(これらの別カットシーン)

 

今年の映画『キミにきめた』は、何かが違うようです。

 

カスミとタケシを差し置いてエリカが出ているのも気になります・・・。

 

さて、来週は本郷奏多さん、やまちゃん(山寺宏一)、オードリー春日さんが登場します、お楽しみに。

 

ポケんち一覧に戻る

スポンサーリンク

人気記事

ポケモンコマスター攻略一覧表

ポケモンガオーレのポケモンディスク一覧表

はねろコイキング攻略トップページ