2017年4月30日に放送されたポケんち第81回の内容と感想の記事になります。

 

今回は、芸人の永野さん、オードリー春日さん、筋肉アイドルの才木玲佳さんが登場します。

 

なお、今回からポケんちメンバーは衣替えをしています。

 

スポンサーリンク

才木玲佳、永野、オードリー春日が登場

永野さんがキテルグマのうさ耳をつけて登場します。

 

りんかさんがそれをつけると、突如、オードリー春日さんが登場し、ロケット団のキテルグマみたいに「仲間は連れて帰る」と言い出します。(それは犯罪です・・・)

 

すると、筋肉アイドルの才木玲佳さんも登場し、りんかさんをかけたバトルとなります。

 

繰り出せ!ゼンリョクポーズ1.2.3

『繰り出せ!ゼンリョクポーズ1.2.3』はリズムゲームとなります。

 

相手チームが『ほのお』『みず』『くさ』のタイプを叫ぶと、指名された方はそれに見合ったゼンリョクポーズを取る必要があります。

 

『ほのお』『くさ』『くさ』なら、『ほのお』のゼンリョクポーズ後に、『くさ』のゼンリョクポーズを2回します。

 

そして、すべてのタイプを3回言われたら、『Zワザ』のワザ名をチーム全員で叫びます。

 

『ほのお』『ほのお』『ほのお』なら、『ダイナミックフルフレイム』と叫ぶわけです。

 

さて、バトルとなりますが、ポケんちチームはポケモン情報番組をやっているだけあって、8回連続で行うことができました。

 

問題は春日チーム(キテルグマチーム)ですが、永野さんが『Zワザ』の名前を言えずに2回で失敗します。

 

思ってたよりオジサンだった」と春日さんに言われてしまい、永野さんは笑われてしまいました。

 

ばかぢからで破壊せよ!風船早割バトル!

風船を両手で抱きかかえて破壊するシンプルなゲームです。

 

これは春日チーム(キテルグマチーム)が優勢かと思われたのですが、1分間で割れた個数は4個という最悪の結果となってしまいます。(全部、才木玲佳さんの手柄)

 

理由は、春日さんと才木玲佳さんがつけていたキテルグマを模した『もふもふ』手袋がクッションになっていたためでした。

 

次は、ポケんちチームの番となります。

 

なんと、ここでも番狂わせが起こりました。

 

ヒャダインさんとあばれる君、無表情で風船を次々と割り始めます。(怖い・・・)

 

結果、ポケんちチームは1分間で34個も割ってしまい、大差で勝ってしまいました。

 

ポケだちとシングルバトル(一般人)

辻一家が遊びにきてくれました。

 

息子の智英くん(9)がプレイしていたことで、姉の和奏さん(10)も始め、さらに父親と母親も一緒に始めたそうです。

 

そんな智英くんは、あばれる君とポケモンバトルをすることになります。

 

1ターン目

智英くんはナマコブシ(トモコブシ)、あばれる君はカプ・ブルル(アバ・レルル)を出します。

 

カプ・ブルルの特性『グラスメイカー』が発動します。

 

ナマコブシは戻り、ソルガレオ(トモガレオ)が登場します。

 

カプ・ブルルは『ガーディアン・デ・アローラ』で、ソルガレオのHPを3/10にします。

 

最後に、グラスフィールドで回復します。

 

2ターン目

カプ・ブルルは戻り、バンバドロ(ドロバンゴ!)に交代します。(ニックネームの由来は、アニメでそう叫んだからです)

 

ソルガレオは『メテオドライブ』で、バンバドロのHPを5/10にします。

 

その後、バンバドロは特性『じきゅうりょく』により、『ぼうぎょ』ランクが上昇します。

 

そして、道具『ゴツゴツメット』により、ソルガレオのHPを1/10にします。

 

さらに、ソルガレオは『いのちのたま』により、HPが一桁になります。

 

最後に、グラスフィールドで回復します。

 

3ターン目

ソルガレオは戻り、代わりにナマコブシが登場します。

 

バンバドロは『10まんばりき』で、ナマコブシのHPを7/10にします。

 

ナマコブシも道具『ゴツゴツメット』を持っており、バンバドロのHPは4/10になります。

 

最後に、グラスフィールドで回復します。

 

4ターン目

バンバドロは『ねむる』を使い、HPを全快にします。

 

ナマコブシは『みずびたし』で、バンバドロを『みず』タイプにします。

 

最後に、グラスフィールドで回復します。

 

5ターン目

バンバドロは戻り、代わりにカプ・ブルルが登場します。

 

ナマコブシは『どくどく』を使い、カプ・ブルルを『もうどく』状態にします。

 

最後に、グラスフィールドで回復したのち、効果が消えます。

 

6ターン目

ナマコブシは戻り、代わりにガブリアス(トモリアス)が登場します。

 

カプ・ブルルは『ウッドハンマー』で、ガブリアスのHPを3/10にします。

 

特性『さめはだ』により、カプ・ブルルは被ダメージ、『もうどく』によりHPが5/10になります。

 

7ターン目

カプ・ブルルは戻り、代わりにバンバドロが登場します。(ねむり状態)

 

ガブリアスは『どくづき』で、バンバドロのHPを8/10にします。

 

その後、特性『じきゅうりょく』により『ぼうぎょ』ランクが上昇します。

 

8ターン目

ガブリアスは戻り、代わりにナマコブシが登場します。

 

バンバドロは『ねむり』により行動不能です。

 

9ターン目

バンバドロは『ねむり』状態です。

 

ナマコブシは『みずびたし』を使います。

 

 

10ターン目

バンバドロは目覚め、『10まんばりき』でナマコブシのHPを7/10にします。(その後、ゴツゴツメットの被ダメージ)

 

ナマコブシは『どくどく』を使います。

 

バンバドロは被ダメージより、HPが7/10になります。

 

11ターン目

バンバドロは戻り、代わりにアローラベトベトン(アバアバン)が登場します。

 

ナマコブシは『じこさいせい』でHPを全快にします。

 

12ターン目

アローラベトベトンは『はたきおとす』で、ナマコブシのHPを8/10にします。(ゴツゴツメットを消す)

 

ナマコブシは『みずびたし』を使います。

 

13ターン目

アローラベトベトンは『ストーンエッジ』を急所であて、ナマコブシのHPを4/10にします。

 

ナマコブシは『どくどく』で、アローラベトベトンを『もうどく』にします。

 

被ダメージにより、アローラベトベトンはHP7/10になります。

 

14ターン~

アローラベトベトンでは、ナマコブシに勝てないと気づくあばれる君。

 

カプ・ブルルに交代し、『ウッドハンマー』を決めてナマコブシのHPを1/10にします。

 

しかし、ナマコブシの『カウンター』でカプ・ブルルを倒します。

 

代わりに登場したベトベトンの『ダストシュート』でナマコブシを倒します。

 

ガブリアスが登場すると、あばれる君はバンバドロに交代します。

 

『グラスフィールド』+『じきゅうりょく』により、『じしん』が効きづらい環境となっていきます。

 

相手はソルガレオに交代し、『メテオドライブ』で攻撃しますがHPを6/10にしかできません。

 

さらに、バンバドロの『ゴツゴツメット』+自身の『いのちのたま』により、自滅となります。

 

最後のガブリアスで奮闘しますが、バンバドロの『ばかぢから』によりバトルは終了となりました。

 

結果、あばれる君の勝利です。

 

スポンサーリンク

ポケんち第81回の感想

ポケモンバトル、かなりの長期戦となりました。

 

小学生でこれほど戦うことができれば、かなり上出来ですね。

 

1点だけ惜しいところがあるとすれば、全員が物理アタッカーというところでしょう。

 

ソルガレオではなく、ルナアーラなら結果は違っていたかもしれませんね。

 

さて、来週はとまんさん、カイさん、小林豊さん、佐香智久さんのポケモンバトルとなります、お楽しみに。

 

ポケんち一覧に戻る

スポンサーリンク