2017年2月26日に放送されたポケんち第72回の内容と感想の記事になります。

 

今回は、佐香智久さん、ハライチ岩井さんが登場します。

 

スポンサーリンク

佐香智久とハライチ岩井が登場

ポケんちに佐香智久さんとハライチ岩井さんが遊びに来てくれました。

 

「ポケモンはストーリーが終わったあとから面白い」と語る佐香智久さんは、ククイ博士のコスプレでクリア後の情報を教えてくれます。(カプシリーズの出現場所やバトルスタイルなど)

 

話も早々に、もっともオススメのバトルロイヤルをみんなでプレイすることになります。

 

佐香智久さん、ハライチ岩井さん、ヒャダインさん、あばれる君の4人が対戦します。

 

バトルロイヤル(佐香智久VS岩井VSヒャダインVSあばれる君)

佐香智久さんはボーマンダ(同名)、岩井さんはエンニュート(同名)、ヒャダインさんはアローラキュウコン(同名)、あばれる君はブーバーン(アババーン)を繰り出します。

 

キュウコンは特性『ゆきふらし』で場を『あられ』状態にします。

 

 

1ターン目

ヒャダインは、キュウコンをガブリアス(同名)と交代します。

 

佐香智久さんは、ボーマンダをカプ・テテフ(同名)と交代します。(サイコメイカー発動)

 

岩井さんのエンニュートは『ヘドロウェーブ』で、カプ・テテフ7/10、ブーバーン8/10、ガブリアス9/10にします。

 

あばれる君のブーバーンは『じしん』で、カプ・テテフ5/10、エンニュート5/10、ガブリアス8/10にします。

 

その後、『あられ』で全員に被ダメージが入ります。

 

 

2ターン目

ヒャダインさんのガブリアスは『どくづき』で、佐香智久さんのカプ・テテフを倒します。(ヒャダイン4、佐香2)

 

あばれる君のブーバーンは『にほんばれ』で、『ひざしがつよい』状態にします。

 

エンニュートの行動はカットされていますが、カプ・テテフ狙いのため無効となった可能性が高そうです。

 

カプ・テテフの代わりに、ガブリアス(同名)が登場します。

 

 

3ターン目

ヒャダインさんはガブリアスを交代し、キュウコンを繰り出します。(『あられ』に戻る)

 

佐香智久さんのガブリアスは『じしん』で、キュウコンのHPを6/10、エンニュートとブーバーンを倒します。(佐香4、岩井2、あばれる君2)

 

エンニュートの代わりにガブリアス(同名)、ブーバーンの代わりにベトベトン(アバアバン)が登場します。

 

 

4ターン目

ヒャダインさんのキュウコンは『ふぶき』で、ベトベトンのHPを8/10、岩井さんのガブリアス1/10、佐香智久さんのガブリアスを倒します。(ヒャダイン5、佐香3)

 

岩井さんのガブリアスは『じしん』で、キュウコンのHPを1/10、ベトベトンを倒します。(岩井3、あばれる君1)

 

ただし、『いのちのたま』の効果で岩井さんのガブリアスも倒れます。(岩井2、あばれる君1)

 

岩井さんはゲッコウガ、佐香さんはボーマンダ、あばれる君はアクジキング(アバジキング)を投入します。(全員最後のポケモン)

 

 

5ターン目

岩井さんのゲッコウガは『あくのはどう』で、ヒャダインさんのキュウコンを倒します。(岩井3、ヒャダイン4)

 

ゲッコウガは『きずなへんげ』で、サトシゲッコウガに変化します。

 

ボーマンダとアクジキングの行動はカットされていますが、ボーマンダ、アクジキング、サトシゲッコウガのHPはで9/10になっています。(『あられ』の影響?)

 

キュウコンの代わりに、アローラサンドパン(パンサンド)を繰り出します。

 

6ターン目

佐香智久さんのボーマンダは『ドラゴンクロー』で、岩井さんのサトシゲッコウガを倒します。(佐香4、岩井2)

 

岩井さんの手持ちがなくなり、このターンでゲーム終了となります。

 

ヒャダインさんのサンドパンは『つららおとし』で、ボーマンダを攻撃しますが、外してしまいます。

 

アクジキングの行動はカットされていますが、誰も倒すことができずにゲーム終了となりました。

 

結果は、佐香智久さん4、ヒャダインさん4、ハライチ岩井さん2、あばれる君1でした。

 

しかし、佐香智久さんは倒した数が3、ヒャダインさんは2となりますので、佐香智久さんの勝利となりました。

 

あばれる君がサン&ムーンアニメで声優に

ポケんちに、あばれる君宛てに台本が届きました。

 

イラストも入っており、あばれる君そっくりのキャラクターでした。(Tシャツにイシツブテがプリントされ、下はスウェット姿)

 

名前は、ヒロキです。(本名が小張裕起のため)

 

相棒ポケモンは、ドロバンコです。

 

ということで、後日アフレコ収録のためにスタジオへ向かいます。

 

そこでは富安監督の他、映画のオニゴーリ役で厳しく指導してくれた三間音響監督の姿もありました。

 

あばれる君の役作りはスルーされ、ドロバンコとイワンコ(サトシ)のバトル収録が始まります。

 

「腹から声ださないと」

 

再び、三間音響監督の厳しい指導が始まり、テイク36まで取り直しが入ります。

 

ようやく富安監督からもOKが出て、その後のシーンも次々と収録されていきました。

 

どうやら、いいものが作り上げられたようです。

 

スポンサーリンク

ポケんち第72回の感想

佐香智久さんが最後に仕掛けたタイミングは、さすがだと思います。

 

結局、どんな形であれ、ボーマンダはサンドパンに攻撃される運命だったので、バトルを終了させるタイミングはあの瞬間が妥当だったでしょう。

 

ヒャダインさんは運に見放された負け方をしましたが、佐香智久さんも指摘した通り『技を外す』も正式な負けとなります。

 

命中率90%の信用度のなさが露呈してしまったバトルといえるでしょう。

 

さて、来週は芸人の流れ星、ロバート山本さんが登場します、お楽しみに。

 

ポケんち一覧に戻る

スポンサーリンク