2017年2月19日に放送されたポケんち第71回の内容と感想の記事になります。

 

今回は、加藤清史郎さん、平野ノラさん、イチオーカ博士(市岡元気)がゲストとして登場します。

 

スポンサーリンク

加藤清史郎、平野ノラ、イチオーカ博士(市岡元気)が登場

加藤清史郎さんは、車のCMの『子供店長』としても注目されていた俳優さんです。

 

今では15歳となり、すっかり大人の顔立ちになっています。

 

一緒にゲストとしてやってきたのは、バブルネタでブレイク中の平野ノラさんです。

 

ポケモンバトルをするために、初代ゲームボーイを持ってきてしまいます。(電池が必要な時代・・・)

 

そして、今回もイチオーカ博士のポケモンサイエンスが始まりました。

 

アローラベトベトンを再現

アローラベトベトンを再現すると言い出すイチオーカ博士。

 

黄色い液体が入った水槽の中に白い粉を入れると、色鮮やかな泡がモリモリでてきます。

 

ベトベトン3匹分ぐらいの泡が急激に膨れ上がり、リビングを占領してしまいました。

 

これは化学反応を利用したもので、過酸化水素水(消毒液と同じ成分)+洗剤+ヨウ化カリウムによって、酸素が大量発生したことで起こる現象なのです。

 

ただ、しょこたんは「どうすんの、これからの暮らしは?」と現実的な話を始めます。

 

しかし、そこは化学の仕組みを利用すれば消すことができます。

 

アルコール液を吹きかけると、まるで『とける』ように消えていきました。

 

りんかがしょこたんの20代コスプレで登場

『出典・ポケんち第71回放送』

 

いつもは、あばれる君がコスプレして登場する『サンムーンのギザウレシス情報』ですが、今回はりんかさんがしょこたんの20代コスプレで登場します。

 

りんかさんは『わざマシン』によって、しょこたんの技をコピーしてくれました。(バッカルコーン、マミタスなど)

 

しょこたんは「りんかちゃんまで私をいじり倒すのか・・・」と嘆いていました。

 

シングルバトル(りんかVSゆうた(小学生))

1ターン目

りんかさんはアローラライチュウ(リリィ)、ゆうたさんはドデカバシ(同名)を繰り出します。

 

ドデカバシはソルガレオ(同名)と交代します。

 

アローラライチュウは『10まんボルト』で、ソルガレオのHPを6/10にします。

 

2ターン目

アローラライチュウは『ライトニングサーフライド』で、ソルガレオを撃破します。

 

ソルガレオの代わりに、ジャラランガ(同名)が登場します。

 

3ターン目

アローラライチュウは『サイコキネシス』で、ジャラランガのHPを1/10にします。

 

ジャラランガは『オボンのみ』で、3/10まで回復します。

 

ジャラランガは『げきりん』で、アローラライチュウを一撃で倒します。

 

アローラライチュウの代わりに、ゲッコウガ(同名)が登場します。

 

 

4ターン目

ゲッコウガは『れいとうビーム』でジャラランガを倒し、特性『きずなへんげ』でサトシゲッコウガにフォルムチェンジします。

 

ジャラランガの代わりに、ドデカバシが登場します。

 

 

5ターン目

サトシゲッコウガは『れいとうビーム』で、ドデカバシを一撃で倒します。

 

これにより、りんかさんの勝利となります。

 

 

スポンサーリンク

ポケんち第71回の感想

今回は、後半からりんかさんが主役となった回でした。

 

しょこたんのコスプレが衝撃的であり、ついにポケモン情報番組の世代交代も近いかもしれません。

 

ただ1つ残念だったのが、ゲッコウガのHPが142だったことです。

 

レベル50でHP142ということは、個体値が20を意味しており、体験版から持ってきた状態で使っていることになります。

 

しょこたんを超えるためにも、ぜひ『ぎんのおうかん』で改善して欲しいものです。

 

さて、来週は佐香智久さんがククイ博士のコスプレで登場します、お楽しみに。

 

ポケんち一覧に戻る

スポンサーリンク