2017年1月15日に放送されたポケんち第66回の内容と感想の記事になります。

 

スポンサーリンク

岡崎体育、藤田ニコル、パンサー向井が登場

ポケんちに岡崎体育さん、藤田ニコルさん、パンサー向井さんが遊びにきてくれました。

 

会話の中で、岡崎体育さんがポケモンにつけるニックネームが変わっていることが判明します。

 

ヌメルゴンは『ペタジーニ』、ジバコイルは『ドライアイ』、ラッタは『くだんした』です。(九段下は、東京の街)

 

しかし、しょこたんも負けてはいません。

 

カプ・テテフは『ロールケーキ』、アシレーヌは『すいぎょうざ』と食べ物縛りのニックネームをつけていました。

 

ポケモンあるあるを披露

岡崎体育さんといえば、ミュージックビデオのあるあるネタが話題です。

 

そこで、ポケモンあるあるをみんなで考えることになります。

 

岡崎体育

『ケーシィが出現する草むらに近いショップのモンスターボールの売り上げがエグい』

 

あばれる君

『ポケモンが出てきて欲しくない時は、草むらの移動中に息を止めている』

 

藤田ニコル

『スイカの種でタネマシンガン』

 

りんか

『布団の中でポケモンをしていると、レポート書く前に寝落ちする』

 

パンサー向井

『ポケモン赤・緑に比べて、かいパン野郎が男前』

 

ヒャダイン

『マスターボールの使うタイミングを考えると吐きそう』

 

しょこたん

預け屋さんだけでなく、ポケリゾートなども増えたため、『しあわせタマゴを誰に持たせたのか分からなくなる』

 

岡崎体育とパンサー向井のポケモンバトル(シングル)

1ターン目

岡崎体育さんはエンニュート(プロボウラー)、向井さんはクワガノンを繰り出します。

 

エンニュートは『かえんほうしゃ』で、クワガノンを一撃で倒します。

 

クワガノンの代わりに、アシレーヌが登場します。

 

2ターン目

エンニュートは『ヘドロばくだん』で攻撃し、アシレーヌのHPを3/10にします。

 

アシレーヌはZワザ『わだつみのシンフォニア』で、エンニュートを倒します。

 

代わりに、ムウマージ(じょうミノ)が登場します。

 

3ターン目

ムウマージはサイコキネシスで攻撃しますが、相手は1/10残ってしまいます。

 

アシレーヌは『うたかたのアリア』で反撃し、HPを3/10にします。

 

4ターン目

ムウマージは『シャドーボール』でアシレーヌを撃破します。

 

向井さんの最後は、ゲンガー(またよし)です。(お笑い芸人の又吉)

 

5ターン目

ムウマージは『シャドーボール』で攻撃しますが、ゲンガーは『きあいのタスキ』で耐えます。

 

ゲンガーは『シャドーボール』で、ムウマージを倒します。

 

岡崎体育さんの最後は、ヌメルゴン(ペタニージ)です。

 

6ターン目

ゲンガーは『さいみんじゅつ』で、ヌメルゴンを眠らせます。

 

7ターン目

ゲンガーは『たたりめ』で、ヌメルゴンのHPを半分にします。

 

しかし、ヌメルゴンは目が覚めてしまい、Zワザ『レイジングジオフリーズ』でゲンガーを倒しました。

 

岡崎体育さんの勝利となります。

 

あばれる君がサン&ムーンのアニメであばれる君役として登場

富安大貴監督に会うことができたあばれる君は、ポケモンの声をやりたいと直談判します。(映画でオニゴーリ役をしたことをアピール)

 

すると、「ポケモンの声じゃないとダメですか?」と意味ありげに聞かれます。

 

なんと、あばれる君のキャラクターをアニメで登場させ、サトシとポケモンバトルさせたいと提案されたのです。

 

あばれる君、ポケモンアニメに参戦することが決定しました。

 

スポンサーリンク

ポケんち第66回の感想

ポケモンXY&Zで佐香智久さんを似せたキャラクターが登場して話題を呼びましたが、吹き替えはプロの声優さんが担当していました。

 

しかし、あばれる君はキャラクターだけでなく、声の吹き替えも担当することになります。

 

これは、芸人さんとしては快挙といえるのではないでしょうか?

 

気になるのは、やはり配役でしょう。

 

もしかすると、スカル団として登場するかもしれませんね。

 

どの放送であばれる君が登場するのかも気になるところです。

 

さて、来週はロバート山本さん、超特急カイさんを含めたバトルロイヤルが行われます、お楽しみに。

 

ポケんち一覧に戻る

スポンサーリンク