2016年10月23日に放送されたポケんち第55回の内容と感想の記事になります。

 

スポンサーリンク

ポケんち第55回の内容

しょこたん(中川翔子)、ヒャダインさん、りんかさん(大谷凛香)、あばれる君は、サンムーンの体験版をプレイするため、あばれる君の3DSを囲んでいました。

 

すると、煙り玉が部屋に充満し、その隙に3DSが盗まれてしまいました。(代わりに『はんぺん』が置かれています)

 

やってきたのは、ゲッコウ江戸村からやってきたゲッコウガ軍団のちゅうえいさん、瀧上さんです。(流れ星)

 

前回と同じく、ゲームに勝てなければ3DSは返してくれないようです。(前はゲッコウガのグッズを盗みました)

 

しかも、今回はくノ一の川村エミコさん(お笑い芸人たんぽぽ)も登場しました。

 

痛みに耐えろ!まきびしイス取りゲーム

今回は司会制が導入され、りんかさんが初司会を任されます。

 

すると、「イエーイ! よっ司会!」と自分で言い出します。(ヒャダインさんに「元気だね・・・」とツッコミを入れられます)

 

さて、このゲームはイス取りゲームです。曲は『ポケだちのうた』です。(後半は『XY&Z』)

 

ただし、流れている間は『足つぼマット』の上を歩かなければなりません。

 

ゲームが始まると、年齢30を超えている参加者たちの悲鳴が轟き、曲が聞こえないほどでした。

 

瀧上さん、あばれる君、ちゅうえいさん、しょこたんの順番で脱落。

 

ヒャダインさんと川村エミコさんの勝負となります。

 

曲が『XY&Z』のときは、サビの『Z』でジャンプをしなければならないので、苦痛を強いられる戦いでした。

 

それを制したのは、ヒャダインさんでした。(どちらかというと、川村エミコさんが自滅)

 

キズナが大事!ベロキャッチゲーム

ゲームが始まる前、川村エミコさんは体力の限界のために抜けてしまいます。(おそらく、他仕事の都合上)

 

2人になって分が悪いので、「これに勝ったら1億ポイント!」と提案するちゅうえいさんです。(無理やり承諾させます)

 

さて、このゲームは1人が水風船を投げ、ゲッコウガのベロつきのヘルメットを付けたもう1人がキャッチするゲームです。

 

強すぎると水風船が割れるので、2人の絆が大事となります。

 

ポケんちチームはヒャダインさんが投げ、あばれる君がキャッチを担当します。

 

運動音痴のヒャダインさんは、水風船がまったく届きません。(結局、1個のみ)

 

タイムアップ後、「何故、ここに投げない!?」とキレ気味のあばれる君は、地面に落ちていた水風船でヒャダインさんを攻撃します。

 

さて、続いては瀧上さんが投げ、ちゅうえいさんがキャッチします。

 

難しいのか、ポケんちチームと同じく1個しか入れることができません。

 

しかし、何故かあばれる君が終了後に水風船を投げ入れ、ちゅうえいさんはキャッチします。

 

りんかさんは、その水風船も個数に数えたため、ゲッコウガ軍団の勝ちとなりました。(3DS没収)

 

あばれる君のせいで負けたため、ヒャダインさんとしょこたんに水風船を投げつけられるあばれる君でした。

 

ポケだちとポケモンバトル(シングル)

長女の小西美羽さん(13)、次女の小西花音(はるね)さん(11)、三女の小西真央さん(8)が遊びに来てくれました。

 

三女の真央さんが「ニンフィアが好き」と話してくれたので、映画の声優を務めていたしょこたんは鳴きマネを披露します。(ただし、鼻声でうまくいかず・・・)

 

さて、バトルは美羽さんが挑戦。相手は、大好きなしょこたんを指名です。

 

1ターン目

しょこたんはマニューラ(ルナ)、美羽さんはブースター(ぶーちゃん)を繰り出します。

 

ブースターは『まもる』を選択。

 

マニューラは『ねこだまし』ですが、無効となります。

 

ブースターは特性『こんじょう』持ちのため、道具の『どくどくだま』を発動させます。

 

2ターン目

マニューラは『はたきおとす』で、ブースターの『どくどくだま』を取り除きます。HPは3/10。

 

ブースターは『ニトロチャージ』でマニューラを攻撃しますが、『きあいのタスキ』で耐えられます。

 

その後、ブースターは『すばやさ』ランクが上がります。

 

ブースターは『どく』の効果で、HPが2/10になります。

 

3ターン目

マニューラはサンダー(おだんだん)と交代します。(佐香智久さんから貰ったサンダー)

 

ブースターは『でんこうせっか』で、サンダーのHPを9/10にします。

 

その後、ブースターは『どく』の効果でHPが1/10になります。

 

4ターン目

ブースターはサーナイト(ベリー)と交代します。

 

サンダーは『10まんボルト』を『きゅうしょ』で当てますが、サーナイトは『オボンのみ』持ちなので、HPは6/10でとどまりました。

 

5ターン目

サンダーは『10まんボルト』でサーナイトのHPを2/10にします。

 

サーナイトは『みちづれ』を発動させます。

 

6ターン目

サンダーは『10まんボルト』でサーナイトを倒し、『みちづれ』の効果で『きぜつ』します。

 

サンダーの代わりにニンフィア(ショコラ)、サーナイトの代わりにヤドラン(やーちゃん)が登場します。

 

7ターン目

ヤドランはメガシンカします。

 

ニンフィアは『ハイパーボイス』でメガヤドランのHPを1/10にします。

 

メガヤドランは『アイアンテール』でニンフィアのHPを5/10にします。

 

8ターン目

ニンフィアの『ハイパーボイス』で、メガヤドランは倒れます。

 

代わりに、ブースター(どく)が登場します。

 

9ターン目

ニンフィアは『でんこうせっか』で、HPが少なかったブースターを『きぜつ』させました。

 

これにより、しょこたんの勝利です。

 

スポンサーリンク

ポケんち第55回の感想

ブースターの使い方が面白いバトルでした。

 

ブースターは素早さが遅いポケモンなので、『ニトロチャージ』の採用は理に適っています。

 

ただ、『ねこだまし』持ちの相手だと厳しい点、『どく』でHPが減っていく点など、相手によっては不利になるかもしれません。

 

とはいえ、発想はとても良かったです。

 

今後もポケモンバトルを続けていってほしいですね。

 

さて、来週はジャングルポケットの斉藤慎二さん、藤田ニコルさんが登場し、あくタイプ好き選手を開催するそうです。

 

りんかさんもグレるようです、お楽しみに。

 

ポケんち一覧に戻る

スポンサーリンク