2016年10月16日に放送された『ポケんち』第54回の内容と感想の記事になります。

 

ちなみに、『ポケだちの歌』は来週の予告の紹介部分で流れるようです。(3~4秒のみ)

 

スポンサーリンク

ポケんち第54回の内容

あばれる君の大先輩である、芸人の永野さんが遊びにきてくれました。

 

「ピカソ(ゴッホ)より普通に・・・ラッセンが好きー!!」でお馴染みの永野さんがポケモンで替え歌を披露してくれました。

 

「ポッポより普通に・・・ハッサムが好きー!!」

「ピカチュウより普通に・・・ハッサムが好きー!!」

 

ハッサムを知っていたことにびっくりですが、本当に好きなポケモンは他にいるようです。

 

しょこたん(中川翔子さん)に聞かれても、「簡単には教えられないな」と何故か否定気味の永野さん。

 

「僕なら、その答え分かりますよ」

 

そう言ったのは、知らぬ間にポケんちに侵入してしたマジシャンの新子景視さんです。(しょこたん、普通にびっくりしています)

 

ただし、「エスパータイプのアタラシ・ケーシィです」と自己紹介しました。

 

『ミラクルアイ』で心を読む

ポケモンの技『ミラクルアイ』で見破るという新子景視さん。

 

永野さんに好きなポケモンを紙に書かせている間、しょこたん、りんかさん、ヒャダインさんは見ないように目隠しします。

 

新子景視さんも盗み見ていないことをアピールするために「あばれる君、目隠しをしてください」と依頼するのですが、あばれる君は勘違いをして自分の目を隠してしまい、笑いを呼びます。

 

永野さんが書き終え、ポケットに入れます。

 

すると、新子景視さんは「ポケモンの名前を声に出さずに叫んでください」と言い、その顔色だけを見て「コイル」と言い当てます。(これにより、永野さんの好きなポケモンはコイルと判明)

 

『みらいよち』でカード当て

次に『みらいよち』をすると言い出す新子景視さん。

 

使うのは、復刻版として人気を集めている20thアニバーサリーポケモンカードです。

 

リフルシャッフルでカードを混ぜると、ポケんちメンバーから歓声が上がります。(ただし、このやり方はカードを痛める可能性があるので、トレーディングカード戦で相手のデッキに対して使ってはいけません)

 

そして、ヒャダインさんが今回のターゲットです。

 

新子景視さんはヒャダインの目を見ながら、紙にポケモンの名前を書きます。

 

そして、カードの山札から1枚を選ばせます。

 

3回もシャッフルをし直させて選んだカイリキーでしたが、紙に書かれた名前もカイリキーであることが判明。悲鳴が上がります。

 

『ミラータイプ』で絵を模写する

始まる前に、『?』と書かれた封筒をしょこたんに渡します。(最後に使います)

 

『ミラータイプ』の技で、あばれる君の書いた塗り絵を当てると言い出す新子景視さん。(その前に、念入りに催眠術のような動きであばれる君を誘導します)

 

ポフレに4つの色を塗ることができ、あばれる君は上から赤、青、黄、緑と色を塗ります。

 

新子景視さんは書き終えたことを確認すると、しょこたんに持たせていた封筒を開けるように言います。

 

中から取り出したポフレは、あばれる君のポフレの色とまったく同じでした。

 

『シンクロ』でぬいぐるみと感覚を共有

最後に、『シンクロ』を見せると言い出す新子景視さん。

 

しょこたんに目をつぶらせ、どこか触られたかと聞きます。

 

すると、「鼻」と答えるしょこたん。途端、ポケんちメンバーから悲鳴が上がります。

 

実は、新子景視さんはしょこたんの鼻を触っていません。持っていたミュウのぬいぐるみの鼻筋を触っただけなのです。

 

次に、腕を何回触られたかを数えるように言い、ミュウの腕を2回触ります。

 

しょこたんはミュウの腕に触れた瞬間に「うんうん」と言い、「2回」と答えます。

 

正真正銘の『エスパー』らしいマジックを見せてくれた新子景視さんでした。

 

アニメポケモンサン&ムーン最新映像

ポケんちのみ特別に、アニメ『サン&ムーン』の最新映像が公開されました。

 

サトシを見て、しょこたんは「サトシがアローラの姿になっている!」と突っ込んでいました。

 

また、ナリヤ・オーキド校長も登場。ポケギャグを連発することが分かりました。

 

「ようこそソルロック!」

「これはますますイーブイ!ブイゼル!ゼルネアス!」

 

サトシとマオの変顔が話題を呼んでいましたが、ナリヤ・オーキド校長のポケギャグを聞いたあと、この顔になったようです。

 

スポンサーリンク

ポケんち第54回の感想

ポケモンバトルがなかったのは残念ですが、新子景視さんのマジックが凄すぎてびっくりした回でした。

 

新子景視さんのマジックはテクニックだけでなく、人間の心理を利用したものなので、より不思議に感じてしまうマジックでした。

 

これは反響も大きそうなので、また呼ばれる可能性がありそうです。

 

ポケモンサイエンス・・・ピンチでしょうか?(こっちは科学ですが・・・)

 

さらに、アニメもギャグ満載のようで、楽しみですね。

 

 

さて、来週はお笑い芸人の『流れ星』ちゅうえいさん、瀧上さん、『たんぽぽ』の川村さんが登場します、お楽しみに。

 

ポケんち一覧に戻る

スポンサーリンク