ポケモンジャパンチャンピオンシップス2016ジュニアの部の決勝戦の内容記事です。

 

ノダ リクト選手イチカワ カイセイ選手の対決です。

 

スポンサーリンク

ポケモンジャパンチャンピオンシップス2016ジュニアの部の決勝戦

1回戦

1ターン目

ノダ選手ガルーラドーブルイチカワ選手カイオーガライチュウです。

 

カイオーガは『まもる』を選択。

 

ドーブルは『ニードルガード』をします。

 

ライチュウは『ねこだまし』ですが、ドーブルのため被ダメージを受けます。

 

ガルーラはメガシンカせず、カイオーガに『ねこだまし』ですが『まもる』で無効です。

 

ドーブルは『ムラっけ』で『かいひ』が上がり、『とくこう』が下がります。

 

2ターン目

ガルーラがメガシンカ。

 

イチカワ選手カイオーガを戻し、ギルガルドと交換です。

 

ライチュウは『フェイント』でドーブルを攻撃します。

 

ドーブルは『このゆびとまれ』ですが、ここは意味がありません。

 

メガガルーラは『すてみタックル』ですが、ギルガルドのため無効です。

 

ドーブルは『ムラっけ』で『ぼうぎょ』が上がり、『かいひ』が下がります。

 

3ターン目

ノダ選手は、メガガルーラゼルネアスに交換します。

 

ライチュウは『ほっぺすりすり』でゼルネアスを『まひ』にします。

 

ドーブルは『ダークホール』でライチュウギルガルドを眠りにしますが、ギルガルドは『ラムのみ』持ちです。

 

ギルガルドは『せいぎのつるぎ』でドーブルを『きぜつ』させます。

 

代わりにグラードンが登場し、ゲンシカイキします。

 

特性『おわりのだいち』が発動します。

 

4ターン目

イチカワ選手ライチュウをひっこませ、カイオーガを出します。

 

特性『はじまりのうみ』が発動します。

 

ギルガルドは『ワイドガード』を張ります。

 

グラードンは『だんがいのつるぎ』ですが、無効です。

 

ゼルネアスは『まひ』を引いてしまい、動けません。

 

5ターン目

グラードンは『まもる』を選択。

 

ギルガルドは『ワイドガード』を張ります。

 

カイオーガは『しおふき』でゼルネアスを倒します。

 

代わりにメガガルーラが登場します。

 

6ターン目

メガガルーラの『ねこだまし』でカイオーガを封じます。

 

ギルガルドは3度目の『ワイドガード』です。

 

グラードンは『だんがいのつるぎ』でしたが、無効です。

 

7ターン目

ギルガルドレックウザと入れ替わります。

 

カイオーガは『まもる』を選択。

 

メガガルーラは『すてみタックル』をしますが、カイオーガのため無効です。

 

グラードンは『だんがいのつるぎ』ですが、『ひこう』と『まもる』のため無効です。

 

8ターン目

レックウザはメガシンカし、特性『らんきりゅう』を発動させます。

 

メガガルーラは『すてみタックル』でカイオーガを倒します。

 

グラードンは『ほのおのパンチ』でレックウザを攻撃しますが、微々たるものです。

 

レックウザは『ガリョウテンセイ』でメガガルーラを倒します。

 

これでノダ選手は1匹となりました。

 

カイオーガの代わりにギルガルドが出ます。

 

9ターン目

ギルガルドは『ワイドガード』を張ります。

 

メガレックウザは『だいちのちから』でグラードンを半分まで追い込みます。

 

グラードンは『だんがいのつるぎ』ですが無効です。

 

10ターン目

メガレックウザの『だんちのちから』でグラードンが倒れます。

 

これにより、イチカワ選手の勝利です。

スポンサーリンク

2回戦

ノダ選手ボーマンダファイアローイチカワ選手カイオーガライチュウです。

 

特性『はじまりのうみ』が発動します。

 

1ターン目

ボーマンダはメガシンカします。

 

ライチュウは『ねこだまし』でファイアローを封じます。

 

ボーマンダは『ハイパーボイス』で両方を3割ほど削ります。

 

カイオーガは『こごえるかぜ』でボーマンダをHP6にします。

 

2ターン目

カイオーガは『まもる』を選択。

 

ボーマンダも『まもる』です。

 

ライチュウは『フェイント』でボーマンダを倒します。

 

ファイアローは『おいかぜ』をします。

 

ボーマンダの代わりに、グラードンが登場し、ゲンシカイキします。

 

特性『おわりのだいち』が発動します。

 

3ターン目

カイオーガレックウザと交換します。

 

ファイアローは『ブレイブバード』でレックウザを半分にします。

 

グラードンは『いわなだれ』でレックウザを倒します。

 

ライチュウは『ほっぺすりすり』をしますが、ファイアローのHPが1残り、倒すことはできません。

 

4ターン目

ファイアローは戻り、ゼルネアスが登場します。

 

カイオーガは『まもる』を選択。

 

ライチュウは『フェイント』でファイアローを倒したかったようですが、ゼルネアスに攻撃となります。

 

グラードンは『だんがいのつるぎ』でライチュウを仕留めます。

 

ライチュウの代わりにギルガルドが登場します。

 

5ターン目

グラードンは『まもる』を選択。

 

ゼルネアスは『ムーンフォース』でカイオーガをHP半分まで削ります。

 

カイオーガは『しおふき』でゼルネアスをHP半分に。

 

ギルガルドは『アイアンヘッド』でゼルネアスを仕留めます。

 

ゼルネアスの代わりにファイアローが登場します。

 

6ターン目

『まひ』持ちでしたが、ファイアローは『ブレイブバード』でカイオーガを倒します。

 

しかし、被ダメージでファイアローは『きぜつ』します。

 

これで両者、1対1となりました。

 

ギルガルドは『ワイドガード』を張ります。

 

グラードンは『だんがいのつるぎ』でしたが無効です。

 

7ターン目

グラードンは『だんがいのつるぎ』でしたが、ギルガルドの『ワイドガード』に阻まれます。

 

8ターン目

グラードンの『ほのおのパンチ』がギルガルドを追い込みます。

 

ギルガルドは『アイアンヘッド』ですが、微々たるダメージです。

 

9ターン目

グラードンの『ほのおのパンチ』で勝負ありです。

 

ノダ選手の勝利となり、どちらも1勝1敗となります。

3回戦

ノダ選手ガルーラファイアローイチカワ選手カイオーガライチュウです。

 

特性『はじまりのうみ』が発動します。

 

1ターン目

ガルーラはメガシンカ。

 

カイオーガは『まもる』を選択。

 

ファイアローは『ファストガード』をします。

 

メガガルーラは『ねこだまし』でカイオーガを封じます。

 

ライチュウは『ほっぺすりすり』でメガガルーラを『まひ』にします。

 

2ターン目

ファイアローは『ブレイブバード』でカイオーガを半分まで追い込みます。

 

ライチュウは『アンコール』でメガガルーラを封じます。

 

カイオーガは『ねっとう』でファイアローを倒します。

 

メガガルーラは『アンコール』読みで『ねこだまし』ですが無効です。

 

ファイアローの代わりにゼルネアスが登場します。

 

3ターン目

ライチュウレックウザと交換します。

 

カイオーガガルーラと交換します。

 

ノダ選手メガガルーラグラードンを交換です。

 

ゼルネアスは『ムーンフォース』でガルーラを2/3にします。

 

4ターン目

イチカワ選手ガルーラがメガシンカします。『ねこだまし』でゼルネアスを封じますが、2連続『きゅうしょ』で3/5にします。

 

グラードンが『いわなだれ』をし、メガガルーラを追い込みます。レックウザはまずまずですが『ひるみ』を与えます。

 

5ターン目

ゼルネアスは『まもる』を選択。

 

イチカワ選手メガガルーラは『やつあたり』をしますが、相手がゼルネアスなので無効です。

 

グラードンは『いわなだれ』でメガガルーラを仕留め、レックウザを半分以下にします。

 

レックウザは『だいちのちから』でグラードンを半分にします。

 

メガガルーラの代わりにライチュウが登場します。

 

6ターン目

ライチュウは『ねこだまし』でグラードンを封じます。

 

レックウザは『しんそく』でグラードンを攻撃しますが、倒すことはできませんでした。

 

ゼルネアスの『マジカルシャイン』が決まり、ライチュウを半分にし、レックウザを倒します。

 

7ターン目

カイオーガは『まもる』を選択。

 

ライチュウは『ほっぺすりすり』でゼルネアスを『まひ』にします。

 

ゼルネアスは『ムーンフォース』でカイオーガを狙いますが無効です。

 

グラードンは『だんがいのつるぎ』でライチュウを仕留めます。

 

8ターン目

ゼルネアスの『ムーンフォース』でカイオーガを倒します。

 

これにより、ノダ リクト選手がジュニア優勝者となりました。

 

関連記事

ポケモンWCS2016ジュニアカテゴリ決勝戦のバトル内容

スポンサーリンク