薄々は気づいていましたが、さすがに6体だけのデッキでは限界が見えてきました。

 

コマスターで強いフィギュアが多くなったため、もはや現環境のリーグマッチは混沌となっています。

 

スポンサーリンク

6体だけで全ての対策を行うのは不可能!原作ポケモンよりも高難度のリーグマッチ

『出典・ポケモンコマスター公式ツイッター』

 

2018年2月28日現在。コマスターのフィギュアは、マテリアル交換できるものだけでも358体です。

 

この数字に限定フィギュアも加わることになります。

 

もちろん、この中で現環境には適応できないポケモンも多々いますが、それでも80体ぐらいはデッキに組み合わせても問題ない強さがあります。

 

これらのポケモンたちに対して、たった6体だけで対策を練るのはほぼ不可能といえるでしょう。

 

これは、原作のポケモンのレーティングでも同じことが言えます。しかし、あっちは1匹につき4種類の技を自ら選ぶことができます。

 

つまり、1匹だけでも多くの相手を対策することができるのです。

 

しかし、コマスターではそうはいきません。

 

ワザは固定なので、対策できるポケモンはすでに決まっています。

 

逆に、相性が悪いポケモンには、なかなか勝つことができません。

 

そのため、「ゾロアークチルタリスが最近の流行りだから、ここを対策していれば勝てるな」と思って挑んでも、まったく違うデッキが来られると勝てない場合があるのです。

 

だからこそ、現在のコマスターは勝率を上げるのが難しい状況となっているのです。

 

基本の戦術が大事になる

それでも、リーグマッチのトップランカーが大きく変動することはありません。

 

彼らが現環境でも勝ちを積み重ねることができるのは、やはり基本の戦術がしっかりとしているからでしょう。

 

どんなに相性が悪い相手でも、包囲なら関係なく気絶させることができます。

 

どんなにデッキの相性が悪くても、4VS6の状況を作り出すことができれば、エントリーを封じて有利なバトルを作り出すことができます。

 

なので、デッキ構築は特定のフィギュアを対策するのではなく、デッキ内のバランスが良くなることを1番に考えたほうが良さそうです。

 

スポンサーリンク

まとめ

どんな相手でも対策ができる最善策は、やはりプレートですね。

 

プレートこそ、逆転のチャンスを引き寄せるキーアイテムです。

 

バトルに勝利し、相手とコマの差をつけることができれば、デッキの相性は関係なくなるのです。

 

とはいえ、基本的な戦術やプレートがあっても、バトルのスピン結果によって簡単に覆されてしまうのがコマスターでもあります……。

 

コマスター最強デッキ考察

コマスターのトップページに戻る

スポンサーリンク