2016年7月13日にアップされた動画ピカ・チャン第6話『メガおにいさん、爆誕!?』が公開されました。

 

スポンサーリンク

出没!バトルおにいさん

カゴのみラムのみオボンのみ!晴れ雨あられ、なんのその!寝ても覚めてもポケモンバトル!ポケモン一筋20年!育てたポケモン数知れず。その名も出没バトルおにいさん

 

前回、バトルおにいさんに待てと言われた公園で、さんちゃんとつっきーは待たされていました。

 

「待ちくたびれたぞ、キミたち。待ちすぎて、ハートのうろこを数え切れないほどに集めてしまったよ」

 

後ろのほうで待っていたバトルおにいさんは、寝転んだ姿勢でそう言いました。

 

何故、寝転んでいる低い姿勢なのに、手前にいる2人に気づかなかったのかは語らず、2人の前にやってきます。

 

さんちゃんはバトルおにいさんを見るなり「何、そのメガネ?」と尋ねます。

 

確かに、前回の普通のメガネと比べ、かなりチャラい蛍光色のメガネをかけています。

 

「よく気がついたね。今日は、なんの話をするって言ったっけ?そう、メガシンカ。つまり、メガネをシンカさせた。メガシンカ!メガシンカ、バンザーイ!!アーハッハッハ!」

 

今日は、いつになく壊れているバトルおにいさんです。

 

メガシンカでバトルマスター

特定のポケモンに関連するメガストーンを持たせるとメガシンカできます。

 

たとえば、バシャーモに『バシャーモナイト』を持たせると、メガバシャーモになります。

 

メガシンカすると、能力が上がるだけではありません。特性が変わるポケモンもいます。

 

バシャーモの場合、『もうか』から『かそく』に変化し、バトルを有利に進めることができます。

 

バトルおにいさんVSさんちゃん

メガシンカのことを教えたバトルお兄さんは「実際にバトルをしてみよう」と言い出し、さんちゃんとバトルをします。

 

バトルおにいさんはメガシンカできる『バシャーモ』、さんちゃんはなんでも良いと言われたので、相性の良い『ゲッコウガ』を選びます。

 

1ターン目

バシャーモはメガシンカします。

 

メガバシャーモは『まもる』を使います。『まもる』の優先度は、どんな技よりも高いので、ゲッコウガより『すばやさ』が低くても、先に発動できます。

 

ゲッコウガは『なみのり』を使いますが、無効となります。

 

メガバシャーモは『かそく』によって『すばやさ』ランクが1段階上がります。

 

2ターン目

メガバシャーモがゲッコウガよりも早くなったので、『とびひざげり』で勝負を決めます・・・と思いきや、まさかのミスをします。

 

ゲッコウガは『なみのり』を使い、さんちゃんの勝ちとなりました。

 

 

「ウソだろ・・・あの場面で『とびひざげり』が外れるなんて」

 

メガネの付け根をかじりなら、バトルおにいさんはイジイジしています。

 

「何が起こるか分からないのがポケモンバトル、だよね?」

 

さんちゃんに自分の名言を使われ、子供のように暴れるバトルおにいさんでした。

 

スポンサーリンク

今日のポケモン

バシャーモ

ポケモン図鑑

No.257

分類

もうかポケモン

タイプ

かくとう、ほのお

高さ

1.9m

重さ

52.0kg

説明文

手首から高熱の炎を噴き出して、パンチで相手を黒焦げにしてしまうポケモン。

 

更に、とっても強い足腰を持っているから、30階のビルも楽々飛び越えられる。

 

30階とは、だいたい100mくらい。

 

バシャーモが飛び上がる場面を地上から見てれば、最後には見えなくなってしまう。

 

ピカ・チャン第6話の感想

まさかの、バトルおにいさん敗北。

 

『ばかぢから』でも十分勝負を決められる試合を、『とびひざげり』に変えることで番組的に面白くする手法だったのでしょう。

 

それを考えるとすごいのが、命中率90%の『とびひざげり』を外れるまで取り直していたのだろうか、という点です。

 

ただ、それでは非効率的なので、おそらくゲッコウガが『かげぶんしん』を6段階まで上げていたのだろうと思います。

 

どちらにせよ、バトルおにいさんには苦い回となりました。

 

さて、来週は7月27日の公開です、お楽しみに。

 

ピカ・チャン一覧に戻る

スポンサーリンク