2016年6月15日にアップされた動画ピカ・チャン第4話『とくせい、それは個性だよ。』の内容と感想の記事になります。

 

スポンサーリンク

出没バトルおにいさん

カゴのみラムのみオボンのみ!晴れ雨あられ、なんのその!寝ても覚めてもポケモンバトル!ポケモン一筋20年!育てたポケモン数知れず。その名も出没バトルおにいさん

 

さんちゃんとつっきーは、浜辺でポケモンバトルをしています。

 

すると、見慣れた人物を見つけます。バトルおにいさんです。

 

何やら、双眼鏡で海を監視しています。

 

呼びかけると、双眼鏡を片手にやってきました。

 

「なんでここにいるの?」とつっきーが尋ねると、「ポケモンを探しているんだよ。ほら、メノクラゲとかヒトデマンとか水中にいるポケモン」と答えます。

 

しばらくの沈黙の後、さんちゃんがバトルについて教えて欲しいというと、『とくせい』についての講義が始まります。

ポケモンには必ず『とくせい』が存在する

ポケモンには不思議な力である『とくせい』が存在し、ポケモンそれぞれに異なります。

 

ズルズキンは『じしんかじょう』『だっぴ』という『とくせい』があり、自分のポケモンがどちらなのかを確認したい時は、ステータス画面を見ると表示されています。

『とくせい』を活かして優位に戦う

自分のパーティ構成によって、『とくせい』を変えるとバトルを有利に進めることができます。

 

例えば、ズルズキンを状態異常から守りたいと考えるなら『だっぴ』にしましょう。

 

攻撃力を上げてガンガン攻めたいなら、相手を倒すごとに『こうげき』ランクが上がる『じしんかじょう』にしましょう。

ポケモンの中には『隠れとくせい』を持つものもいる

特別な方法でしか入手できない『隠れとくせい』というものがあります。

 

ズルズキンは『いかく』で、XYの群れバトルで現れる野生のズルックから手に入れることができます。

 

詳しい『隠れとくせい』の入手方法や解説が知りたい方はこちらをご覧ください。

 

ポケモンの『とくせい』講座まとめ

すると、さんちゃんが「バトルおにいさんの特性は何?」と尋ねます。

 

「ぼくの『とくせい』は『ヒマ』だ。その効果のおかげで、ポケモンバトルに全力をかけられる」

 

自信満々に言うバトルおにいさんに、さんちゃんは「が、がんばってください」と震え声で答えました。

 

今日のポケモン

ボルケニオン

分類

スチームポケモン

タイプ

ほのお、みず

高さ

1.7m

重さ

195.0kg

説明

ボルケニオンは、背中のアームから水蒸気を出して、姿を隠したり、攻撃したりする。

 

その水蒸気は、山を吹き飛ばして、地形を変えてしまうほどの威力。

 

映画の前売り券で『スチームバースト』を覚えたボルケニオンが貰える。

 

スポンサーリンク

ピカ・チャン第4話の感想

ポケモンファンの中でよく囁かれている噂『ポケモンが本当にいると思っている子供がいる』。

 

まさか、それがバトルお兄さんのことだったとは驚きです。

 

 

さて、ようやく『とくせい』が終わりました。

 

バトルおにいさんは、いつもは去り際に次の講義について語るのですが、今回は何も語っていません。

 

よって、次からバトルの実践が行われる可能性が出てきました。

 

この作品は他の動画とは違い、経費が発生しているので、やはりここいらで動画の再生回数を上げるために路線変更してくるのではないでしょうか。

 

しかし、そうなると1つの不安要素が浮かんできます。

 

それは、第1話のくだりを掘り返すのか、という点です。

 

第1話で見せた『きあいのタスキ』『がむしゃら』『でんこうせっか』を説明するために、まず1話分を潰す可能性があります。

 

もっといえば、これを説明する前に『道具』という概念の説明も始まりそうな予感です。

 

2話分を潰すということは、隔週で放送するピカ・チャンにおいては1ヶ月後を意味します。

 

それまでに、ピカ・チャンが忘れられていなければ良いのですが・・・。

 

さて、次回の放送は6月29日となります。お楽しみに。

 

ピカ・チャン一覧に戻る

スポンサーリンク