2016年10月6日に放送された『おはスタ』の内容と感想の記事になります。

 

なお、取り扱う情報はポケモンのみとなりますので、ご了承ください。

 

スポンサーリンク

おはスタ20161006の内容

ピカピカチュウチュウバトル再び

『ピカピカチュウチュウバトル』は、リズムゲームのポケモン版といったところでしょうか。

 

先週から始まり、今回も冒頭から『おはスタ』メンバーが楽しんでいます。(特に、おのちゃん)

 

詳しいやり方は、前回の記事をご覧ください▼

おはスタ20160929の感想!ピカピカチュウチュウバトル登場

ポケモンWCS2016

ベスト8に勝ち進んだジュニアカテゴリは、かいせい選手、りくと選手、しゅう選手です。

 

運命のいたずらか、かいせい選手としゅう選手が対決することになります。

 

仲の良い2人は、ジャパンチャンピオンシップスでも対決。そのときは、かいせい選手が勝利していました。

 

いざ蓋を開けてみると、しゅう選手が勝利。どうやら、前回の戦いで技がバレていた、かいせい選手でした。

 

そして、もう1人のりくと選手も勝ち上がりますが、準決勝でコナー選手と対決し、負けてしまいます。

 

しゅう選手は更に勝ち上がり、なんと決勝戦までコマを進めました。

 

来週は、日本プレイヤーしゅう選手VSアメリカ出身のコナー選手のバトルとなります。

 

スポンサーリンク

おはスタ20161006の感想

現地に行っているはずの佐香智久さんが1度も登場しない回となりました。(画像での参加)

 

延長に延長を重ね、ようやく来週で『WCS2016』が完結します。

 

ここまで引っ張る理由とは、いったい何なのでしょうか?

 

ポケモンGOという大きな話題作があるにも関わらず、世界大会を取り扱い続ける意図とは・・・。

 

ちなみに、しゅう選手とコナー選手のバトルは、こちらの記事で詳しく紹介しています▼

WCS2016ジュニアカテゴリ決勝戦の内容

 

今後の新コーナーに期待しましょう。

 

おはスタ一覧に戻る

スポンサーリンク