2016年9月29日に放送された『おはスタ』の内容と感想の記事になります。

 

なお、取り扱う内容はポケモン関連のみとなりますのでご了承ください。

 

スポンサーリンク

おはスタ20160929の内容

ポケモンWCS2016

ポケモンWCS2016の開催地であるサンフランシスコにやってきた佐香智久さん。

 

ジュニアカテゴリがスタートし、おはスタが注目の『かいせい』選手を応援する佐香智久さん。

 

予選ルールは、世界から勝ち上がってきた代表たちと対戦を繰り返し、最終成績が4勝2敗以上なら次のラウンドに進出できます。

 

かいせい選手の対戦相手は、アメリカ代表の女性プレイヤー『ケンダル』選手です。

 

一瞬しか映っていませんでしたが、かいせい選手の手持ちはライチュウとクチートでした。

 

ケンダル選手はガルーラとファイアローで、クチートの『いかく』が効いている感じでした。

 

結果は、かいせい選手の勝利。

 

果たして、かいせい選手や日本人プレイヤーはどこまで勝ち上がれるのか?

 

次週、ようやく決勝戦の放送が流れるようです。(WCS2016は8月末に行われた大会です)

 

ピカピカチュウチュウバトル

『ピカピカチュウチュウバトル』とは、おはスタで考えた新ゲームです。

 

参加人数は何人でもOK。

 

始めの人が「ピカピカ」または「チュウチュウ」と言ったあと、参加者の名前を言います。

例※「ピカピカ、サトシ」

 

名前を指名された人は、「ピカピカ」なら「チュウチュウ」、「チュウチュウ」なら「ピカピカ」と答えます。その後、同じように指名します。

例※「チュウチュウ!チュウチュウ、ユリーカ」

 

指名せず、「10まんボルト」と言うこともできます。そのとき、全員が「ピカチュウ!」と叫ばなければなりません。(「10まんボルト」を言った人は、次は必ず「ピカピカ」か「チュウチュウ」で次の人に繋げる)

例※「10まんボルト!(ピカチュウー!)ピカピカ、サトシ」

 

うまく言えなかったり、リズムに乗れなかった人はアウトとなります。

 

リズムは、有名な某リズムゲームと変わりません。

 

スポンサーリンク

おはスタ20160929の感想

ポケモンWCS2016の放送を早々と切り上げたので、どうしたのだろうかと思いましたが、まさかオリジナルのリズムゲームを入れてくると思いませんでした。さすが、未成年を意識した番組です。

 

おのちゃんはサトシになりきっているのか、ピカピカチュウチュウゲームをする前に「バトルしようぜぇぇぇ!」と叫びます・・・。

 

なにはともあれ、ポケモンGOを取り上げなくなったのは何故だろう・・・という疑問が浮かんできます。

 

やはり、世間で飽きられたからなのでしょうか?

 

メディアの調査では、3割のユーザーがやめたという結果もあります▼

めざましテレビの『ココ調』が『ラプラス騒動』を取り上げる!現在のポケモンGO事情まとめ

 

ポケモンWCS2016の収録が終わったあと、どうなるのか期待しましょう。

 

おはスタ一覧に戻る

スポンサーリンク