USUM(ウルトラサン、ウルトラムーン)で、ナゾノクサが『ちからをすいとる』を遺伝することが分かりました。

 

これにより、ラフレシアを強化することができます。

 

ナゾノクサに『ちからをすいとる』を遺伝させる経路を紹介します。

 

スポンサーリンク

【ナゾノクサ】ちからをすいとるの遺伝経路(USUMのタマゴ技)

『出典・ポケモンだいすきクラブ

 

ナゾノクサは初代からいるポケモンであり、馴染み深い方も多いことでしょう。

 

そのため、どうしてもラフレシアを使いたいと考えるのですが、実は『どく』『くさ』は優秀なポケモンがいます。

 

そうです、フシギバナです。

 

同じ複合タイプのため、なかなか差別化できる技が少なく、結局はフシギバナを採用してしまうようです。

 

しかし、今回『ちからをすいとる』を習得することができたため、ラフレシアは強化されたといえるでしょう。

 

ナゾノクサのタマゴグループは『植物』なので、『植物』で『ちからをすいとる』を覚えるポケモンを用意する必要があります。

 

『植物』で『ちからをすいとる』を覚えるポケモンはネマシュマシェードです。

 

ネマシュはレベル32、マシェードはレベル35で習得します。

 

この2匹のどちらかで遺伝させれば、『ちからをすいとる』のタマゴ技を覚えることができます。

 

スポンサーリンク

厳選・育成論

ラフレシアの『とくこう』は110もあり、特殊アタッカーとして十分な値を秘めています。

 

ギガドレイン』でHPを吸いながら戦えば、非常に良いバトルができます。

 

USUMからは『ちからをすいとる』で回復することもができるため、こちらのほうが無難でしょう。

 

ただし、回復できるのは、あくまで『こうげき』ランクが下がった時だけなので注意が必要です。

 

タイプ一致の『ヘドロばくだん』、『フェアリー』技の『ムーンフォース』あたりをサブウェポンとして覚えさせると良いでしょう。

 

『どくどく』『しびれごな』といった変化技もあると、より安定します。

 

あと、『すばやさ』が低いポケモンなので、道具は回復系を用意するか、『トリックルーム』で環境を整えてあげる必要があります。

 

スポンサーリンク

関連記事

【ハネッコ】ちからをすいとるの遺伝経路(USUMのタマゴ技)

【アブリー】ねばねばネット、ふんじんの遺伝経路(USUMのタマゴ技)

【ゴマゾウ】10まんばりきの遺伝経路(USUMのタマゴ技)

【ミミロル】グロウパンチの遺伝経路(USUMのタマゴ技)

【シズクモ】ねばねばネットの遺伝経路(USUMのタマゴ技)

【モノズ】ゲップの遺伝経路(USUMのタマゴ技)

【ジグザグマ】しんそくの遺伝経路(USUMのタマゴ技)

【シキジカ】ずつきの遺伝経路(USUMのタマゴ技)

【リオル】コメットパンチの遺伝経路(USUMのタマゴ技)