ウルトラビーストデッキの最大の魅力は、『コールシグナル』で包囲を狙う戦術ですね。

 

この戦術に苦戦している方も多いと思います。

 

そんな方は、テラキオンを対策として採用すると良いです。

 

スポンサーリンク

テラキオンの『うちこわし』でウルトラビースト対策

『出典・ポケモンコマスター公式サイト』

 

何故、ウツロイドフェローチェの持つ『コールシグナル』が強力かというと、青ワザだからです。

 

青ワザを防ぐ手立ては青ワザしかないため、もっとも成功させやすいワザとなります。

 

そのため、『コールシグナル』による包囲を防ぐのは難しいのです。

 

しかし、テラキオンなら『コールシグナル』を対策することができます。

 

特性『うちこわし』は、相手の青ワザをミスにできるため、『コールシグナル』を封じることが可能です。

 

しかも、『コールシグナル』の包囲を狙っているユーザーのほとんどは、青ワザの面積を拡張しているため、ミスが出る確率が高くなります。

 

それでなくても、ウルトラビーストの青ワザは元から面積が広いため、ミスを誘発しやすいのです。

 

これは『ウルトラゲップ』『むないたがえし』『ウルトラライトニング』『ランデブー』でも同じことがいえますので、テラキオンはウルトラビーストデッキ対策として優秀なフィギュアといえます。

 

あと+10ダメージが欲しい

とはいえ、テラキオンも万能なポケモンではありません。

 

欲を言えば、あと+10ダメージが欲しいポケモンとなります。

 

現在は130ダメージが当たり前になってきたので、『ストーンエッジ120』は負けやすいのです。

 

だからこそ、テラキオンがバトルで勝つためには、相手のミスを誘発させる必要があるのです。

 

※上方修正により、テラキオンの『ストーンエッジ』が130ダメージになりました。

 

スポンサーリンク

まとめ

『まもる』によるウェイトも、時にテラキオンの足かせとなります。

 

ウェイトしていると、すり抜けポケモンに素通りされてしまう危険性があるからです。

 

しかし、そのデメリット以上に、青ワザをミスにできる特性は魅力的といえるでしょう。

 

最近は青ワザに依存しているポケモンが多いため、テラキオンの活躍の場は想像以上に多いです。

 

ぜひ、テラキオンを採用してみてはいかがでしょうか。

 

コマスター最強デッキ考察

コマスターのトップページに戻る

スポンサーリンク