『ロックオンマーカー』を付けることができるフィギュアが新たに登場しました。

 

レジスチルの登場で、『ロックオンマーカー』の見解は変わりつつあるようです。

 

スポンサーリンク

レジスチルの登場でロックオンマーカーの見解が変わる!

『出典・ポケモンコマスター公式ツイッター』

 

当初、『ロックオンマーカー』を付けられるのはレジロックだけでした。

 

レジロックが『ロックオンマーカー』を相手に付ける方法は、MP移動の代わりに相手をスピンさせ、青ワザだったらマーカーを付けることができます。

 

『ロックオンマーカー』が付いていれば、『マルチブラスト90』で確実に気絶させることができるようになります。

 

ただ、青ワザの面積が大きいポケモンは限られており、この特性効果は当てづらいのが現状でした。

 

そのため、貴重な1ターンを無駄にしてしまう恐れがあるので、レジロックは採用しても特性効果を利用するユーザーが少なかったのです。

 

しかし、レジスチルの登場によって『ロックオンマーカー』の見解が大きく変わったといえるでしょう。

 

レジスチルの特性『ロックオン:ゴールド』は、金ワザのスピン判定でマーカーを付けることができます。

 

現在は金ワザアタッカーが大勢いるため、狙って付加させることができるわけです。

 

『マルチブラスト90』の追加効果は、バトル相手でなくても発動するため、『ロックオンマーカー』は時限爆弾の怖さがあります。

 

序盤の身動きが取りづらい6VS6のときにマーカーを付けておけば、のちのちバトルを有利にすることができるのです。

 

スポンサーリンク

まとめ

レジスチルは、白ワザ150ダメージを持つ強力なフィギュアです。

 

そのため、『ロックオンマーカー』を無理に狙わなくても役割は果たせます。

 

しかし、わざわざ狙う必要はなくても、戦略の手数が1つ多いことがレジスチルの魅力といえるでしょう。

 

ぜひ、レジスチルを採用してみてはいかがでしょうか。

 

コマスター最強デッキ考察

コマスターのトップページに戻る

スポンサーリンク