オドリドリは、スタイルの特性によって強化できるタイプが異なります。

 

そして、これは複数のオドリドリを入れることで加算されていきます。

 

今回は、そのメリットとデメリットを紹介します。

 

スポンサーリンク

オドリドリを2体入れるメリット

『出典・コマスター公式ツイッター

 

オドリドリは、味方のダメージを強化することができる特性を備えています。

 

ぱちぱちスタイルなら、フィールドにいる『でんき』タイプの数だけ+1です。

 

加算される数字は少量ですが、タイプの数が多ければ更に増加していきます。

 

なので、タイプ統一デッキで固めるのが得策ですね。

 

そして、もう1体のオドリドリを入れることで乗算されますので、+10以上を狙うことも難しくありません

 

EX同士の均衡した戦いにおいて、+10は追い風となります。

 

これこそ、オドリドリを採用する最大のメリットです。

 

そのため、オドリドリを2体入れて、タイプ統一デッキを強化している方も多いです。

 

また、オドリドリはやられづらい紫ワザなども備えているため、サポートに徹することができるのも魅力です。

 

オドリドリを2体入れるデメリット

ただし、オドリドリを入れることにはデメリットも存在します。

 

それは、オドリドリが気絶していれば効果は発揮されないということです。

 

つまり、オドリドリをポケモンセンター送りにしてしまえば、フィールドのポケモンたちを強化することができないわけです。

 

オドリドリはやられづらいワザ構成ではありますが、高火力アタッカーを打ち崩すよりは簡単に倒すことができますし、仕掛けるリスクが少ない場合が多いです。

 

このことから、徹底的に排除されてしまいます。

 

また、オドリドリのサポートは数が多いほど強くなるため、後半になるとダメージが下がりがちです。

 

こういったデメリットもあるため、オドリドリは2体以上入れると倍のリスクを背負うことになるのです。

 

スポンサーリンク

まとめ

とはいえ、オドリドリほど味方のダメージ強化に優れているものはいません。

 

人気のEXは被りやすいので、どうしても+1で勝敗が分かれてしまうことが多々あります。

 

オドリドリは、そういったバトルでも勝利させることができます。

 

なので、デメリットを考慮したうえでオドリドリを有効活用しましょう。

 

スポンサーリンク

ポケモンコマスターの最強デッキ考察!現環境まとめ

コマスターのトップページに戻る